<< 棚田まつり−その3 棚田まつり >>

棚田まつり−その2



d0009116_234951.jpg
棚田まつりの報告、続きです。

宮崎大学の先生が参加した訳、それは棚田の研究を委託されたからです。

『坂元棚田 ~文化的景観の取り組み~
日南市では、坂元棚田の重要文化的景観の選定の申出に向けて平成23年度に坂元棚田の保存計画を策定するため、平成21年度から棚田及び坂元地区についての保存調査を実施しています。平成22年度は、住民への聞き取り及び生活実態について、また、棚田の土木技術的特徴および飫肥杉林の水源林機能の評価について、宮崎大学に研究委託しました。また、坂元地区の方々の御協力を得て、坂元棚田とその周辺の自然環境調査を実施しました。棚田に水を引く水路や集落内の道について、また、林業と棚田の暮らしについてなど、坂元地区の方々からいろいろなお話を伺いました。
(以下略)』
当日の資料『坂元棚田の文化的景観 – 現地説明会資料 坂元棚田まつり~棚田ウォーキング 
/日南市教育委員会』より

水槽近くの棚田、休憩の後、ウォーキング参加者へ資料を使っての説明です。
講師は、宮崎大学農学部森林緑地環境科学科の竹下先生です。

ウォーキングの参加者に棚田の成り立ちを説明されています
d0009116_22105346.jpg
竹下先生、昨年10月に開催された気候講演会では
『宮崎の農業への気候温暖化の影響』というテーマで講演されました。
お顔を見た時に、どこかで。。。と思っていました。(思い出せてよかった)

こちらは棚田に必要な水の話
d0009116_22114947.jpg
「向こうに見える尾根の下の谷から水を引いて。。。」と水源の説明


棚田の理解者が少しずつ増えていく、とってもよいことだと思います。
今の棚田を『棚田』として残していく、現状ではとても難しいのが現実だと思います。でも、手遅れにならないうちに解決へ向けて進まなくてはいけないのです。
『重要文化的景観の選定』が、棚田にとって良いことでありますように。

報告はまだ続きます(引っ張るつもりではないのですが。。。)
(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2011-04-01 00:00 | 私たちの取り組み | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://tnd8585.exblog.jp/tb/13285661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 地球温暖化の原因 at 2011-04-07 12:45
タイトル : こちらのサイト
地球温暖化の原因の情報です。... more
Commented by 奈良県 at 2011-04-01 11:00 x
棚田まつりの様子ありがとうございます。たくさんの人も来てなんだか嬉しいです。写真からもにぎわってるのが伝わってきて羨ましかったです。もうすぐ5月また帰れるのでもー今からワクワクです。5月になるとあくまきもたくさん道の駅に出てきますよ。
Commented by tnd8585 at 2011-04-08 00:09
いつもありがとうございます。
連休、棚田で癒されてくださいね。
(ひこうき雲)
<< 棚田まつり−その3 棚田まつり >>