<< 棚田つうしん 第6号 2004... 棚田つうしん 第4号 2003... >>

棚田つうしん 第5号 2004(平成16年).1.17号  

棚田つうしん
2004.1.17号


 新年早々、こんなことを言うのは少々勇気の要ることなのですが、〝我が家の味噌汁〟はすこぶる不味い。
どう不味いのか一口では言えないぐらい〝年季の入った不味さ〟なのである。
本物志向の家人は、枕崎の鰹を使い、日高の昆布を使うという文句のつけようのない材料を調達するのだが、如何せんそのバランスに問題があるようで、ダシが利きすぎていたり、まったく利いていなかったり、味噌が濃すぎたり、薄すぎたりと、そのバリエーションの豊富さは他の追随を許さない。とにかく同じ味のものが二日続くことは絶対にない。
また、味噌汁の具がダイコンであったり、ジャガイモであったり、シジミであったり、アサリであったりしてもそんなことはまったく関係がなく、圧倒的な〝力技〟を発揮し、それらの個性を完璧に抹殺するのである。
これだけ数多く作っていれば〝マグレあたり〟があってもよさそうなものなのだが、不思議なことにそこは見事に避けて通っている。もうここまでくればそれはもう芸術的ですらある。
 こんなことを家人に直言することは〝ボブ・サップ〟にケンカをふっかけるようなもので、とてもデンジャラスなことなのである。従って、そんな勇気を持ち合わせていない私は、味が濃すぎるときは「愛情が入りすぎている。」と言い、逆に薄いときは「上品な味だ」と言って文句を言うのだが、元来単純な思考回路の持ち主の家人は困ったことに「アラ、そう」と言って、けっこう嬉しそうなのである。
 こんな話を職場でしていると、仕事仲間の一人が
「まだまだ甘い。それなら見かけだけでも普通じゃないですか。うちの母親が作る味噌汁は想像を絶しますよ。」と言い、
「うちの母親は、パチンコの景品で貰ってきた〝スルメ〟でダシをとり、それがそのまま具になるという、およそこの世のものと思えない味噌汁を作るんですよ。」と嘆き、さらに
「スルメ丸ごと入りの味噌汁ですよ。想像してみてくださいよ。悲惨デスヨ。」と訴えた。
「それでもまだ美味しければいいのですが、それが見かけどおりメチャメチャ不味い!」
「インスタントのほうが余程美味しいと思うのですが、それを言ってしまったら可哀想だと思うから我慢してるんですけど、ホントにエグイ味ですよ!。あれを美味いと思っている神経が理解できん。」とボヤいた。
彼の家の冷蔵庫には、その景品のスルメが山盛り入っているらしい。 彼の苦悩は当分続く。
 本当に世の中、上には上があるものである。
もしかしたら、私は恵まれているのでしょうか。
 彼の母親の作る味噌汁も一度味わってみたい気もする。
 1月17日(土) 午後2時より 「道の駅・酒谷」に於いて〝オーナー会議〟が開催されました。
出席者は オーナー会から 恒吉、石橋、上平、尾崎、小林の各委員
     グリーンツーリズムから 日高会長、野辺さん
    読売新聞 内田記者の傍聴で開かれました。

 最初に日高会長から、昨年12月に行われた「収穫祭」に、〝坂元地区〟の皆さんがこぞって参加されたことについて、私達の取り組みが確実に発展進歩していることが実感できたとの謝辞と報告があり、次年度も重ねてより充実したものにしたいとの抱負が述べられた。

〝16年度年次計画〟は、昨年度のスケジュールをベースに討議され、基本的には例年通りとし、「収穫祭」を10月末か11月に開催することとし、12月には、「そば収穫祭・手打ち体験大会」を開くということで調整されます。

 9月初旬に、佐賀県相知町で開催される「第10回全国棚田サミット」に、オーナーから希望者を募って参加したいとの提言があり、7月中をメドに募集することになりました。

 肥料化を目的とした「レンゲ畑構想」は、たくましい雑草に阻害され棚田では困難だとの報告があり、委員から「菜の花」ではどうか?との提言があり、検討することになりました。

〝耕作放棄地〟をできるだけ無くすため、「オーナー畑」を作って、各々が随時収穫して帰れるようにしてはどうかとの提言があり、検討することになりました。

「新鮮野菜の宅配」について、準備するスタッフの数と時間的な問題で、オーナーの数が増えれば困難な状況になるとの要望があり、遠方のオーナーやイベントに参加するのが困難なオーナーには従来通りし、参加できるオーナーには「金券・引換券」を配り、〝道の駅・酒谷〟で交換して貰えるようにしてはどうかという提言があり、検討することになりました。

 地元農家の高齢化対策として、「不耕起農法」の提言もありましたが、水の確保の問題があり困難だということです。興味・関心のあるメンバーでプロジェクトを組んで勉強してみたいと考えています。

 日高会長が取り組んでおられる「農家・民宿」は、3月下旬完成予定だそうです。
「亭主族」の皆さん、もう少しの〝ガマン〟です。

☆ 2月21日(土) 午後2時より 「道の駅・酒谷」に於いて、〝オーナー会議〟が開かれます。
役員以外の方でも、都合のつく方、意見をお持ちの方は是非参加してください。

 
[PR]
by tnd8585 | 2005-12-21 09:58 | 棚田つうしん | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tnd8585.exblog.jp/tb/2403689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 棚田つうしん 第6号 2004... 棚田つうしん 第4号 2003... >>