<< 棚田つうしん 第12号 200... 棚田つうしん 第10号 200... >>

棚田つうしん 第11号 2004(平成16年).7.18号  

棚田つうしん
2004.7.18号

 飫肥街道の頂上にある〝新上熊トンネル〟を抜けると、にわかに雨が降り出した。
気象庁の「梅雨入り宣言!」を、あざ笑うかのような〝好天続きの空梅雨〟にもかかわらず、「オーナー倶楽部のイベントといえば雨」の、お約束を律儀に守り続ける「酒谷の空模様」に少々呆れながら急坂を下っていくと「道の駅・酒谷」に着くころには雨はすっかり上がり、その名残の黒い雲の切れ間から強い日差しが差し込んでいた。


少しの所要を済ませ「坂元棚田」に上がると、もうすでに多くの参加者が田圃周辺の草刈に精を出していた。挨拶もそこそこにその場は皆さんに任せておき、雑草が気になっていた「オーナー畑」に向かった。〝カンカンの日照りと無農薬栽培〟の影響で、雑草達は元気に育ち、〝ひ弱なナス〟は肌荒れを起こし、その葉は虫達のエサとなり変わり果てた姿となっていた。そんな〝気の毒な状態のナス達〟を復活させようと〝固く決心した私〟は剪定ハサミを取り出し作業にかかったころ、恒吉会長、尾崎さんが来られた。さらに、金沢さん、萱嶋さんも加勢してくれ、「オーナー畑」は「臨時井戸端会議場」となった。

一人で元気なく草取り作業をしていた家人も、俄然その勢いを取り戻し、「マシンガン・トーク」が炸裂していた。一枚一枚〝ナス〟に語りかけながら剪定していた〝心の優しい私〟を尻目に、O崎さんは〝雑草たちの言い分〟など聞く耳を持たない〝マッハのスピード〟でエンヤコラと引き抜いていた。尾崎さんが居るところにはいつも笑い声が絶えない。

人に元気を与えるパワーは、こんな悪条件の気候でも〝豊作のゴーヤ〟のパワーに似ていると思った。
 稲田さんご夫妻は、熊本からお孫さんが遊びにくるとのことで、作業開始二時間前から来られていて、汗ビッショリになりながら頑張ってくれ、「かんぽの湯」に入って帰られました。
さらに、K沢さんの密告によると石橋さんご夫妻は、日にちを間違われ前日に来られたそうです。
いつも沈着冷静な石橋さんもケッコウそそっかしいところもあるということが判明しました。

参加者の体力と「熱中症」を危惧し、予定を繰り上げ早々と「日高茂信・憩いの民家」で昼食となった。

昼食後は、「わたしら怪しい探検隊」が結成され、日高さんのガイドで〝酒谷集落の探索〟が行われた。
まず最初に「都城島津氏との合戦」で、伊藤氏の武将として戦功のあった〝山田匡得の祠〟を案内されたが、都城から参加している私としては複雑な心境であった。

それから、個人的に以前から興味のあった「酒谷城址」に向かったが、急な登りの野道で先頭から二台目の〝谷口由記子さんの車〟が停車したので、イノシシとでも遭遇したのかと心配したが、同乗していたO崎さん等が降りて歩き出したので理由を聞いてみると、谷口さんの車は〝前輪駆動車〟なので、急坂の登りと、後部座席に乗っていたO崎さんの影響で駆動しなくなったのが原因の総てだということで、どうやらイノシシは後部座席に居たらしい。

「オーナー会議」は、〝適度な疲労感と緑を通った爽やかな風〟のせいで〝睡魔との闘い〟のなかで行われた。日高さんが「ナントカ、カントカ」言い、恒吉会長も「アレヤ、コレヤ」と話されていましたが、その内容についてはあまり覚えていません。
9月に〝だいこん畑〟を作り、その収穫後に「たくあんづくり教室」が開かれます。
また、空いている耕作地で「ブルー・ベリーを作ってはどうか」との案も出されました。
「ゴーヤは大豊作」です。
ゴーヤ好きの方はいつでも収穫できます。
「すいか」も、かなりの収穫を見込めそうですが、収穫時期が難しいそうです。



「交流会」は、バーベキュー形式で行われ、日高さん、野辺さん、農政課のアベさんの大活躍で〝焼けるものなら何でも焼く〟の「基本理念」で、〝宮崎牛・黒豚・地鶏・イカ・なす・キャベツ・とうもろこし〟などが「体脂肪および血糖値」など、日頃の不安をスッカリ忘れた参加者の胃袋に、次々と収まっていった。何もかもが美味しいものばかりでしたが、そんな中でも〝カマドで炊いたオコゲのおにぎり〟は「懐かしい」というスパイスが程よく効いていて絶品でした。
「自分達で作った作物を、自分達で料理して食べる。」本物の贅沢な一日を過ごす事ができました。


〝少しお疲れモードだった恒吉会長〟も童心に帰って〝花火〟を楽しんでおられたので安心した。
〝満天に光り輝く星達〟が坂元地区に集う私達の宴を優しく見守ってくれていた。


石垣清掃について
平成16年8月22日(日) 午前8時~
恒例の「石垣清掃大会」が行われます。
大変キツイ作業ですが、大勢参加してして下さいます様お願い致します。
都合の良い時間に参加してください。
昼食は、各自で準備してください。
手作りソーメン流しがあります。
全国棚田「千枚田」サミットについて
平成16年9月3日(金)・4日(土) 
佐賀県相知町蕨野棚田で開催されるサミットに約20名が参加します。
★8月のオーナー会議は石垣清掃作業終了後、「日高茂信民家」で開催します。 
[PR]
by tnd8585 | 2005-12-21 13:53 | 棚田つうしん | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tnd8585.exblog.jp/tb/2404405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 棚田つうしん 第12号 200... 棚田つうしん 第10号 200... >>