<< 棚田つうしん 第19号 200... 棚田つうしん 第17号 200... >>

棚田つうしん 第18号 2005(平成17年).2.19号  

棚田つうしん
2005.02.19号 vol.18
d0009116_15143953.jpg

私、こう見えても宮崎に来るまでは〝スキーヤー〟でした。〝スキーヤー〟といっても、アルペン、ノルディック、ジャンプなどの競技スキー等ではなく、また「スキー教室」とはまったく無縁の〝我流スキー〟で、もっぱら〝アフタースキー〟が得意の〝ナマクラ・スキーヤー〟でした。そして、一緒に行く仲間も同じような目的の〝ろくでもない連中〟ばかりで、必然的にどんなツアーに参加しても〝赤恥・大恥・トホホツアー〟となり、楽しかった思い出などひとつも無い。
幾多ある〝悲惨体験ツアー〟の中でも、ランキング1位なのは「栂池・鐘のなる丘ゲレンデ事件」である。
中学校時代の一つ先輩で〝動物が大嫌いな・動物園飼育員のK氏〟は、その職種でもお分かりいただけると思いますが、およそ〝世間の常識〟とは無縁の「自由奔放・はた迷惑の権化」のような人で、その風体はズングリムックリの〝タヌキがアカンベーをしたような顔〟なのだが、どう云う訳か〝愛嬌がある〟という理由で若い婦絶大の人気が高く、そっち方面にはからっきし縁のない私などには到底理解不能のエイリアンのような存在であった。
そして、そんなK氏がいつまでたっても「ロマン溢れる・鐘の鳴る丘ゲレンデ」に現れない。「又何か事件を起こしているな」と心配していると、ゲレンデの上のほうから大笑いする人々の声がウェーブのように聞こえてくる。
嫌な予感というものは的中するもので、どういうつもりかタオルでほっかむりをし、〝上下ラクダのパッチ姿のK氏〟が奇声を発しながら滑り降りてくる。あっけにとられている私たちにK氏は「どうや!、リバティーベル、ロシニョール、エレッセなどはもう古い!これからのスキー・ウェアはグンゼや!」と言って胸を張った。もう手遅れではあったが私達は蜘蛛の子を散らすように大慌てで他のゲレンデに向かったのはいうまでも無い。
K氏の話では、いつも通り数人の若い婦女子と〝ロマン溢れる・鐘の鳴る丘ゲレンデ〟に向かっていると、関東ナンバーの車が溝にタイヤを落とし困っていたので、〝唯一自慢の馬鹿力〟で引き上げてやったのだが、それと同時に凍った路面に足を滑らせ、今度は自分が溝にはまってずぶ濡れになったそうで、心配もしないで大笑いする婦女子に「頭にきたからまだ濡れていなかったこの形でゲレンデにきたらきっと笑いが取れると思ったら狙い通りヤ!」といって胸を張った。そして「ホンマに、人助けをしてやったのに神さんはどこを見てんネン!」とボヤいたが、〝K氏の真の目的〟を知っている私は、「神は、なにもかもお見透しなのだ。神の判断は正しい。」と思った。
d0009116_1515812.jpg

 2月19日(土) 午前10時から「定期石垣清掃・オーナー会議」が開催されました。当日は早朝から〝お約束の雨〟が降り出し、坂元に着いたころには〝氷雨〟となり参加者のやる気を鈍らせ、何はともあれ〝焚き火大会〟となった。1時間が経過し、参加者も増えだしたころ小雨になり〝どんな時でもやる気まんMAN福永さん〟が腰を上げ、〝風邪でダウンの久馬さん〟の変わりにリーダーとなり「ヒラタケ・栽培のあらまし」という指導書を唯一の頼りに〝あまりやる気の無い電ノコ〟に悪戦苦闘しながらも、岩切さんほか婦人部の大活躍で無事作業終了となった。
d0009116_15153645.jpg

恒吉会長と私は、オリンピック精神同様〝参加すること〟に意義をみいだす立場をとっているので、体の冷えた皆さんのために〝セッセと火の番〟をしていた。
もしかしたら、秋には山ほどヒラタケが食べれるかも知れません。
d0009116_1516484.jpg


 昼食後、日高茂信グリーンツーリズム会長も参加され「オーナー会議」が開催された。
「グリーンツーリズムの現状報告と本年度のオーナー制度の取り組み」
「オーナー倶楽部運営の主体性について」
「平成18年度の棚田サミットに向けての取り組み方について」などが議題となり、意見交換が行われた。
また、市役所・安部さんからも〝農政課の現状報告〟がなされた。
 私達の取り組みは、問題山積で気が重くなることもありますが〝初心を忘れることなく〟頑張りたいと思っています。
「棚田オーナー、ボランティア」ともども〝縁あってのかかわり〟でございます。皆様方の更なるご協力を重ねてお願い致します。

 3月19日(土) 「民宿・日高」において、地元農家婦人部とオーナー・ボランティア婦人部との〝慰労交流ドンチャン騒ぎ〟が開催されます。自分が婦人であると自覚のある方はこぞって参加して下さい。また当日は、その他の人の為に「坂元公民館」で〝ささやかな宴〟も開催されます。その他の人もついでに参加して下さい。

 3月21日(祝)は、年に2回の「グリーンツーリズム協議会」主催の石垣清掃が行われます。他のイベントに比べて参加者の少ない取り組みですので、より多くの参加をお願い致します。

「オーナー畑」では、安部さん、福永さんの尽力で立派な看板が取り付けられました。畑の作物は〝収穫自由〟です。収穫のついでに〝雑草の除去〟と〝石ころ拾い〟をしていただければ助かります。
「大根」「レタス」「青梗菜」「かぶ」「ねぎ」は、今すぐ。「たまねぎ」「えんどう」「そらまめ」「じゃがいも」は、5・6月に収穫できます。
これから、「スウィート・コーン」「すいか」「さつまいも」の植え付けを予定しています。時間に余裕のある方は手伝ってください。 
[PR]
by tnd8585 | 2005-12-21 15:17 | 棚田つうしん | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tnd8585.exblog.jp/tb/2404633
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 棚田つうしん 第19号 200... 棚田つうしん 第17号 200... >>