<< 看板出現・・・ みなさん、大丈夫ですか? >>

ふ~ゆ(冬)の棚田は・・・・・

d0009116_15182587.jpg
 
いつ見ても、石を積んだ人々はすごい。よっぽど、米へのいし(意思)が強かったのでしょうね。


 雨がシトシト・・・・・。寒いです。1月21日(土)の棚田も雨・・・。何もかも寂しそうでした。年末の雪で畦の雑草も茶色く雪焼け。生き物は、何もかも、眠り、じっと寒さに堪え忍んでいるといった雰囲気でした。裏を返せば、みんな、春を待ち望んでいるといったところでしょうか。
 雨の冬の棚田。おそらくこの風景が、1年の中で一番寂しく見えるのでしょう。この風景があるからこそ、始まりの春、情熱的活動の夏、実りの秋が生きてくるのでしょう。
 ちょっと、詩人かな?と一人思いながら、棚田をさるき回った(歩き回った)ところでした。
 
(そういえば・・・)
 ところで、何度か紹介しました「ヒラタケ」ですが、ちょっと見に行ったら、収穫された後のようで、小さな「ヒラタケ」がありました。どうやら、ヒラタケは、秋以降、気候の条件が合えば、何度も出てくるようです。そんなに、手入れもいらず、ずぼらな私には、もしかしたら、とっても合うキノコなのかもしれません。みなさんも挑戦されてみてはいかがですか。おそらく、菌の入手は、そんなに難しいものでは無いと思います。
 そういえば、食べた感想を言ったかどうか、忘れましたので、今思い出すかぎりで、紹介しますと、バターで炒めて食べたら、炒めるときに、既に大量の水分がフライパンに出ていました。おそらく、とってもみずみずしいキノコだと思います。食べると食感は、シャキシャキと歯ごたえがあります。フニャフニャでは、ありません。癖もそんなに無いように思われました。もしかしたら、シイタケの嫌いな子供さんでもいけるかも・・・。という感じでしょうか。

 
[PR]
by tnd8585 | 2006-01-21 15:23 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tnd8585.exblog.jp/tb/2564536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 看板出現・・・ みなさん、大丈夫ですか? >>