<< オーナー会議でした モノに対応した道具があるものだ >>

台風14号がもたらしたもの

 昨年9月の台風14号は、日南市では、人的被害はなかったものの、様々な被害をもたらした。以前にも台風被害の記事を掲載したが、まだ、国道222号は、都城とのアクセスは断たれたまま。市道坂元線も棚田へのアクセスを寸断されたままである。徐々に復旧の目処はついてきた。
 憎い台風14号。しかし、酒谷の方々は、偉大である。国道222号が全面通行止めになり、道の駅酒谷の売り上げが激減。そのとき、道の駅を元気づけようと、11月に手作りのイベントを開催。住民あげて、頑張っている様子を見せてくれた。
 ちょうど同じ頃、ある地区の方々は、春に酒谷に訪れるお客さんが喜んでもらえるようにと、菜の花を道路沿いの畑に植えていた。酒谷中学校の生徒のみなさんもそれに続けと、学校近くの広場に菜の花を植えた。
 その菜の花が、近頃の早春の陽気にさそわれて、ちらほら黄色い花が咲き始めた。まだまだ、1分咲きのようであるが、確実に酒谷の人々の思いが膨らむかのように、育っている。
 そんな菜の花を見たとき、みなさんに紹介せずにはいられなくなった。そして、生命の息吹を感じる春の力強さと、酒谷の住民のみなさんの力強さをダブらせて見ている私がそこにいた。
(時々、詩人になる私)
 
[PR]
by tnd8585 | 2006-02-17 21:58 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tnd8585.exblog.jp/tb/2705651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< オーナー会議でした モノに対応した道具があるものだ >>