<< 石垣清掃ボランティア 陶芸教室 >>

エキスポ

 日南出身で東京の芝居の演出家である中島淳彦さんの思いがつまった「エキスポ」という演劇が昨日、今日の2日間、日南の文化センターで公演された。
 職場の先輩からチケット協力があり、義理で購入したものの、せっかくだからと見に行きました。
 お芝居を見るという趣味がない私にとって、久しぶりに気分転換になった。お芝居の中身はこう、
 
1970年代大阪万博が開催されているころの油津、家族を支えてきた母が突然な亡くなり、その通夜から葬儀終了までの家族と親戚、葬儀や母のおつきあいのあった人々とのドラマがユーモラスに広がっていました。
 演じるのは、全て宮崎県内のそれぞれの劇団で活躍されている役者さんで、中には日南市役所の方もあり、とても親しみやすく、また、心から応援したくなるものでした。
 そして、何より、日南弁で演じられ、とても心温まる、日南の忘れかけていた素朴さを改めて感じさせられました。

棚田とは違う話ですが、日南を愛する方々の思いを伝えたくて、記事にしました。
また、このような演劇はみたいモノです。
[PR]
by tnd8585 | 2006-03-19 16:54 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tnd8585.exblog.jp/tb/2848138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 石垣清掃ボランティア 陶芸教室 >>