<< ちょっと中だるみ・・・ 個人的に心温まるお話・・・ >>

平成18年度農業土木学会上野賞決定!

 社団法人農業土木学会から5月8日付文書にて平成18年度農業土木学会上野賞決定通知が参りました。南那珂農林振興局と日南市と酒谷地区むらおこし推進協議会の3者連名の受賞となりました。県のハード面の整備と市・地元のソフト面での都市農村交流が3者でそれぞれ活用を図りながら展開されたことへの取り組み評価であるようです。
 宮崎県では、初の受賞で県の担当の皆さんの並々ならぬ推薦のおかげで受賞できたものと考えております。たいへん感謝であります。


(なお、上野賞とは、)
ハチ公のご主人、上野英三郎先生(三重県出身)は、明治28年に東京農科大学農学科を卒業され、大学院を経て東京帝国大学に勤められながら、農商務省、内務省を兼務されて、耕地整理、土地改良事業の計画に参与されました。

 先生の功績の第一は、「耕地整理法」の実施とその技術者の養成が上げられます。

 教育関係では、まず東京帝国大学に農業土木の専修コースを創設され、これが現在の東京大学の農業工学科のルーツとなっています。

 教育者としてだけでなく,農商務省技師としての行政的手腕も大いに発揮され,河川改修,治水事業,産米増殖計画など多方面に活躍されました。

 先生は、大正14年5 月に亡くなられました。ご遺骨は三重県の上野家累代の墓に埋葬されましたが、東京青山墓地にも分骨が埋蔵されています。

 今でもご命日には毎年門下生が墓参し、この墓地の管理を現在は農業土木学会が引受けています。

 農業土木学会では、先生のご遺徳を偲び、門下生や会員から募金を行い、学会賞の一つに「上野賞」を設け、昭和46年度から農業土木事業の発展に尽くした事業に授与しています。

[PR]
by tnd8585 | 2006-05-12 18:18 | 坂元棚田について | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tnd8585.exblog.jp/tb/3083649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ちょっと中だるみ・・・ 個人的に心温まるお話・・・ >>