<< なんと・・・まあ!! 切り餅づくり(その1) >>

切り餅づくり(その2)切り餅を切りました

d0009116_1341459.jpg

 切り餅用の餅をついて、2月7日にハル子ばあちゃんとマサ子さんにお願いして餅を切りました。オーナーの石灘さんも勉強で手伝って頂きました。
 切り餅用の切る機械(人力)も登場し、どんどんできあがりました。

まず、ちょっと堅くなった餅を機械の幅に合わせて、はみ切り(昔、家畜のえさを切るための道具)で切ります
d0009116_1342792.jpg

切っている映像をご覧下さい。素朴です


くちなしです
d0009116_1361122.jpg

シソです
d0009116_1372919.jpg

石灘さんも挑戦!!
d0009116_1375144.jpg

できあがり
d0009116_1391596.jpg

[PR]
by tnd8585 | 2007-02-19 13:09 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://tnd8585.exblog.jp/tb/4777784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 週末コメつくり隊 at 2007-02-21 17:12 x
久しぶりにお便りします。
薪ストーブは今こちらでブームです。ストーブはホームセンターで手軽に手に入りますが、何よりも置き場のしつらえと煙突処理が今風の住宅では難しく、そのための改築は大変です。
その煙のススが茅葺き家の骨組みを200年以上もたせる基、と知ったのは中学に入る頃でした。茅を葺き替える時のススの匂いと、立ち込めたススで息も出来なかったことを懐かしく思います。
切り餅に使っている道具を私のところでは、「押し切り」と呼びます。どちらかというと二枚目の写真に近い形です。こういう使い方があったのだと感心しました。切り餅は薄く切ってありますが、この後どんな風にして食べるのでしょうか。こちらの切り餅や堅餅とも違う形なので興味があります。食べるときの様子もアップしてください。楽しみにしています。
こちら、いつもなら吹雪の2月ですが、今年は菜の花が咲いたり餅草(ヨモギ)、ミツバの若芽が出ているなど、4月上中旬の自然界です。フキノトウは12月下旬から食べています。たいした積雪のないまま、とうとうここまで来てしまいました。
Commented by 農林水産課 安部 at 2007-02-22 17:15 x
 週末コメつくり隊さんへ
 コメントありがとうございます。切り餅は、またアップしようと思いますが、だめな時のために、お教えします。切り餅は、焼くか、油で揚げるかです。
 今年の暖冬は、宮崎だけかと思いましたが、北国も同じ状況ですか。菜の花とれんげは、もう満開に近い状態で咲きほこっています。ある意味怖い気象状態です。
<< なんと・・・まあ!! 切り餅づくり(その1) >>