<< 棚田に鯉のぼり 平成20年度オーナー決定 >>

坂元営農組合 総会

 4月24日(木)。坂元集落では、月1回の定例会の日。しかし、4月の定例会は、中山間地域等直接支払制度の坂元営農組合の総会の日となります。
 19年中は、若衆会の発足、棚田保存会の発足と、これからの棚田保全でのいわゆる分岐点、ターニングポイントの年となりました。
 それを受け、20年度は、少しずつではありますが、前進していくようになると思います。
 若衆会では、先週、棚田に鯉のぼりを12匹揚げました。
 まだまだ、数が少ないと謙遜していましたが、だれもこの棚田に鯉のぼりを揚げようということさえ、考えなかっただけに、大きな第1歩です。
 あわてず、地道に行くしか、保全活動は、長続きしないと思います。みなさんの暖かいご声援をよろしくお願いします。
 
 今回は、12匹だけでしたが、来年は、一人でも多く、鯉のぼりを寄付頂けると助かります。
[PR]
by tnd8585 | 2008-04-25 19:17 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tnd8585.exblog.jp/tb/7776530
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 棚田に鯉のぼり 平成20年度オーナー決定 >>