<< 棚田にこいのぼり 茶摘み体験 >>

お茶摘み体験 気持ちよかったよ!

d0009116_9103750.jpg

 4月29日(火)昭和の日。お茶摘み体験を酒谷の山口製茶で行いました。
21組70名の参加がありました。
 山口製茶は、日南市内で唯一の製茶業を営んでおられる農家さんです。
無農薬に近い栽培を実施され、除草も人の手で行っておられるようです。


天気も良く、自然多き酒谷に続々と参加者が集合されました。
d0009116_911860.jpg



開会式で谷口市長もあいさつに来られました。
市長は、酒谷出身で、このようなイベントに良くあいさつに来られます。
d0009116_9114357.jpg



お茶摘み体験の園地の提供と指導をして頂く山口製茶さんのあいさつです。
d0009116_912420.jpg



山口さんの指導をみんなで熱心に聞きます。
d0009116_9123134.jpg



それでは、早速お茶摘みです。みんな楽しく摘んでいます。
d0009116_913113.jpg

d0009116_9132434.jpg

d0009116_9133755.jpg



お茶の葉を天ぷらにして試食して頂きました。
みなさん、お茶の葉を天ぷらにして食べることが
初めてのようで、あちこちで感心していました。
揚げる方は、大変でした。
サクッと揚がり、ちょうど休憩のお茶受けに
とても好評のようでした。
d0009116_914588.jpg

d0009116_9141721.jpg

d0009116_9142922.jpg



休憩が終わると、また茶摘みです。
一生懸命、茶摘みをしている茶畑の隣では、
機械での茶摘み作業が紹介されていました。
機械は、やっぱりすごいです。
みるみるうちに、お茶を摘み取っていきます。
d0009116_9145396.jpg

d0009116_91543.jpg

d0009116_9153014.jpg



お茶摘み作業は、11時30分に予定収量を確保できたので終了しました。
150kgをみんなで収穫しました。



収穫が終わると、今度は、加工となります。参加者の皆さんには、
後日、袋詰めして、お渡しします。



どのように加工するかをちょっとだけ、写真で紹介します。

ベルトコンベアーで運ばれます。
d0009116_91550100.jpg



蒸します。
d0009116_9161554.jpg



揉みます。
d0009116_9164426.jpg



できあがりです。(4時間ぐらいかかるそうです)
簡単に紹介しましたが、実際は、大変です。
d0009116_9174249.jpg


(ここだけの話)
 このお茶摘み体験のブログの書き込みが1日遅れました。本当は昨日のうちに掲載予定だったのですが・・・。
 理由は、このブログでも時々映像として掲載するやり方を予定していたのですが、変換サイトとの互換性があまり調子よくなく、昨日から10回ほどチャレンジしているのですが、どうもダメでとうとうあきらめて、写真のみの報告となりました。
 昨日、楽しみにしていた皆さん、申し訳ありませんでした。
[PR]
by tnd8585 | 2008-05-01 09:22 | 私たちの取り組み | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://tnd8585.exblog.jp/tb/7813864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 健康の最新情報 at 2008-05-06 18:33
タイトル : 農薬散布で使用する防塵・防毒マスク
防塵マスクを使用する作業の中に農薬散布があります。農薬ラベルには農薬に関する注意事項が書かれており、使用するマスクについても、どのようなマスクを使用すべきかが書かれています。農薬ラベルに書かれている農薬用マスクとは、使い捨て式防塵マスクのことです。農薬の粉剤、液剤を散布する時に使い捨て式防塵マスク使用します。粉剤・液材用防護マスクと書かれている場合は、取替え式防じんマスクのことです。急性毒性の高い農薬の使用時に取替え式防じんマスクを着用します。土壌くん蒸用防護マスクと書かれている場合は、有機ガス用吸収...... more
Tracked from 趣味のお役立ち情報 at 2008-06-04 04:12
タイトル : 除草剤の利用の仕方
家庭菜園では、なるべく除草剤に頼らずに、除草をしたいものですが、なかなかそうもいかないのが実状ですよね。野菜の生育に悪い影響をおよぼさないように、最小限の使用で、最大の効果が得られるよう、うまく除草剤を活用しましょう。除草剤使用時の注意点●除草剤の散布に利用したじょうろや噴霧器を水やりや薬剤散布に利用しない。除草剤用の器具は、栽培用の器具とは別扱いすることが大切です。●栽培野菜ごとに除草剤の利用の仕方を変える。野菜によって発生する雑草が異なります。それぞれに適した除草剤を利用し、その利用方法を確認する...... more
<< 棚田にこいのぼり 茶摘み体験 >>