<< 体調すぐれず・・・ オーナー田植え >>

不具合・・・

 昨日、6月16日(月)は、職場のメール・インターネットのシステムの不具合により、何もできませんでした。
 田植えの模様を見ようとした皆さんには、大変、申し訳ありませんでした。本日中には、アップしたいと思います。

(ここだけの話)
 昨日の田植えでは、どしゃぶりの雨にもかかわらず、参加していただいたオーナーのみなさん、シングアウトキッズのみなさん、報道機関の方々、アマチュアカメラマンのみなさん、お疲れ様でした。
 特に、アマチュアカメラマンの皆さんにおかれましては、雨でカメラが壊れるのではないかと心配している中、一生懸命、撮影をされていました。お疲れ様です。
 担当者として、オーナーの方々と話をしている最中にも、「すみませんが、ちょっとどいてもらえますか」と控えめに、でもこの言葉の意味することは、「あなたは撮影にじゃまだから、どきなさい」ということです。
 いつも、アマチュアカメラマンは、作業をしている者に「写してやるんだから、ポーズの指示に従いなさい」という意味で、いろいろ指示をしている。あまりにひどすぎる人達。私達は、あなた方の被写体(モデル)になるために棚田保全活動をしてるのではないのです。ごく自然な、姿を写して下さい。いろんな所で棚田での活動の中での写真が賞をもらっていますが、写している現場を見ているものとしては、とてつもなくがっかりさせられるのです。
 はっきり言わせてもらえれば、指示を出さなければ、良い写真が撮れないんですね。これがアマチュアカメラマンの姿なんですね。残念で仕方がない。当然、このような人達は、田植えを手伝うわけでもない。草の一本でも抜くわけでもない。土足で入り込んでくる失礼な人達の集まりなんですね。
 プロの方々は、棚田でのカメラマンとしてのマナーについて宣言をされているようです。
 これが、プロとアマの違いですよね。

(もうひとつ、アマチュアカメラマンとの闘い)
 以前、やっぱり田植え。アマチュアカメラマンが、それまで植えながらバックで進んでいたオーナーを、前進で植えるように支持。意図は、石垣をバックに植える人の顔が見えるようにとのことだった。あまりにひどい指示であったため、事務局として、そんな不自然なポーズを取らせられないと反発したが、強引に意見を通された。
 そのやりとりは、しらないテレビ局のカメラマンが、田植えの模様を写し、後日、天気予報でバックの映像として流したところ、そんな田植えは無いとクレームが来たそうです。
 それから、その田植えの映像は、流されていない。坂元棚田では、非常識な田植えをしているとレッテルを貼られたかもしれない。全て、アマチュアカメラマンのせいである。
 そんな、アマチュアカメラマンを受け入れることができないのである。
 皆さんはどう思いますか。
 
[PR]
by tnd8585 | 2008-06-17 09:08 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://tnd8585.exblog.jp/tb/8113865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ボランテアの一人 at 2008-06-19 18:45 x
 アマチュアカメラマンへの怒りの意見を見さしていただき自分も同感に感じます。自分も作業の邪魔をされたり、土手を踏み壊す所を見たり、かってに他人の田畑に入り込んだりする場面に遭遇した体験があります。
 外にも、カメラマンたけではなく、一般の観光客の人たちが作業道の中まで車を乗り入れてはまってしまい苦情を言われたり、畑に入って柿や枇杷ワラビ等を取って帰られる所に遭遇した経験もあります。
 私たちも棚田保全のために一生懸命やっているのですが、マナーの悪い一部のカメラマンや観光客がおられることは非常に残念でなりません。
 最後に今回の記事を書かれるには、相当の反発や苦労があったと思いますが、これが坂本棚田でのイベントや日常の現実であると思いますので勇気を持って良い事だけでわ無く感じた事をそのまま記事にしていってください。
Commented by 匿名 at 2008-06-21 13:22 x
私も帰省すると棚田へ収穫などに行く一人です。棚田が有名になり酒谷を知ってもらうのはすごく嬉しいです。観光・写真家さん達にはぜひ守ってもらいたいですね。心から愛してもらいたいです。
<< 体調すぐれず・・・ オーナー田植え >>