カテゴリ:世の中の出来事( 17 )

風邪が流行っています

みなさんのところは、どうかわかりませんが、
最近の気温の変化が激しく、
私の周りでは、風邪が流行っています。
体調管理に気をつけてください。
[PR]
by tnd8585 | 2014-02-14 17:42 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(0)

平野部では・・・

d0009116_1251236.jpg

宮崎は、早期米が主流。
1月の終わり頃から、 日南市内でも
早期米の田んぼの畦焼きが始まっています。
もう、そんな時期かと思います。
早期米は、3月に田植えが始まりますが、
それまでの準備がこれから行われます。
もうすぐすると、平野部では、田んぼで
農家のみなさんが、忙しく仕事を始めます。
d0009116_1254798.jpg

[PR]
by tnd8585 | 2014-02-06 12:54 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(0)

なぜ、どうして・・・・

d0009116_12352337.jpg

道の駅酒谷の茅葺き屋根が、嵐で傷んでしましました。
どうやら、竜巻が発生したようです。
かやぶき屋根は、壊れたから治しましょうと
直ぐに対応できないのです。
この茅葺き屋根は、小林市の職人さんに頼まなければならないのですが、
修理の材料である茅があるかなのです。
これからが台風本番の季節なのに、とっても心配です。
早い復旧を願ってます。

d0009116_1235273.jpg

[PR]
by tnd8585 | 2012-07-09 12:39 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(1)

たなだ


ようやく戻ってきました。

前回の更新の翌日に奈良で見つけた棚田、走っている電車の中からなのでチラッとだけ。
それにしてはよく撮れた! って、まともな写真(棚田とわかる)がこの1枚だけ。

d0009116_1647940.jpg

棚田百選ではないけれど、国道の両側の傾斜地に棚田が点在していました。
でも沿線がずっとそうなっているわけではなさそうです。
「ウチの土地で何とか米を作ろう」そんな感じの田んぼでした。
(実際にはどうなのでしょう)

場所は近鉄大阪線、榛原の近くです。
(奈良方面で近鉄ご利用の一部の方はおわかりだと思います。ローカルな話でごめんなさい。)

オーナーの皆さん、田植えの連絡は読みましたか?
後10日で田植えですね、天気がよければいいのですが。
さて、田植えにとって『よい天気』とは、どんな天気でしょうね。
田植えをする人間にとってのよい天気とは違うんでしょうね。

今度は坂元の様子をお届けします。
(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2011-06-08 18:01 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(2)

台風2号


d0009116_10331069.jpg

台風2号、宮崎県南部は進路が南寄りのせいか、影響はあまり出ていないようです。
宮崎市内は少し明るくなってきました。
ただし、雨は局地的に降っているようですので、通過するまで気をつけましょうね。

四国や本州の方、風や雨が吹き始めていると思います。 気をつけてくださいね。

石垣清掃、中止は正解でした。
[PR]
by tnd8585 | 2011-05-29 10:37 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(0)

復活!日南ダム


今日(5月17日)、久しぶりに棚田へ行きました。
気になっていた日南ダムの下流へさしかかると、白い水の帯が見えました。
どうやら水位が回復したようです、自然放流されています。
d0009116_0204463.jpg
                  クルマを止めて写真を撮った後、ダムの上部へ。


真上から下流側、オーバーフローした水の白い帯。左側の緊急放流口からは水が出ていません。
d0009116_021273.jpg

こちらは上流側
d0009116_0212571.jpg

水位計−常時満水位の107.3mを指しています。
d0009116_0215844.jpg


ダム湖も湖岸の線がいつもの位置です
d0009116_0222228.jpg
                           以前の写真と比べると違いがわかりますよ

これは展望台から見た日南ダム
d0009116_0224051.jpg
円弧の部分から水があふれ出て、滝のようになっているのがわかりますか?
これが通常の日南ダムの姿です。


日南ダムのしくみ
d0009116_023160.jpg
    左側の絵が『常時満水位での自然放流』を表しています。


ダムに水が戻ったということは、山に水が蓄えられた? そうであれば棚田の田植えは一安心です。
後は梅雨に入ってそれなりに降ってくれればよいのですが。
(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2011-05-18 00:45 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(0)

日南ダムーその後


日南ダムは先日までの雨で枯渇状態から抜け出せたようです。

最近のニュースをまとめると、
ダムは貯水率がゼロになったあとも、本来は使われない死水を活用して緊急放流を続け、今月初めで底をつくおそれがありました。
今月1日の雨で一息付ける見通しが立ったとして、緊急放流を長持ちさせるために、放流量に上限を設けることが決められました。放流量の上限は、日南ダムは毎秒0.6トンとすることで、このまま雨が降らなくても、今月20日ごろまで放流を継続できるということです。
貯水率は、36.9%まで回復したということです。昨日、今日とまた雨が降っていますので更に回復してくれるといいのですが。
(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2011-05-06 22:14 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(0)

日南ダム


d0009116_133276.jpg

夜中の雨は上がりました。朝はどんよりとしていた空も徐々に明るくなって、よい天気になりました。久しぶりに棚田へ向かいました。途中、日南ダムの『視察』へ。止まっていると思っていた放流は、今日は行われていました。
d0009116_1335545.jpg
d0009116_139771.jpg
放水の先の方、虹が見えますか?

ダムの堤に目盛りがあります
d0009116_134228.jpg
これは水位計?、108mまでは読めますが。

ところで最初の写真、石版の文字、覚えてますか?
常時満水位=107.30m
堆 砂 位=104.40m

※常時満水位
=平常時最高貯水位=洪水でない時にダムに貯水することができる最高の水位で、利水容量、死水容量、堆砂容量の組み合わせで決まる貯水池容量に対応する貯水池の水位で渇水と洪水の時期以外はこの標準水位に保たれます。

※堆砂位
=最低水位=貯水池からの取水口の計画上の最低位置でこれより下の貯留水は使用しない位置であり、最低水位以下の容量は堆砂容量あるいは死水容量として確保し、通常の利水計画では利用することはありません。

(滋賀県ホームページ > 滋賀の治水ダムのページ > 絵付きダム用語解説集 より)

う〜ん、あまりよく分かりませんが、堆砂位とは、要するにその位置より下の水位では放流できないということのようです。そう、日南ダムは限界にきているんです。

湖底が出ている所があります
d0009116_1343718.jpg
d0009116_1382633.jpg
上流側、若干少ないけど、まだ大丈夫みたいに見えるのに。
前の説明で、最低水位と満水位の差は約3m、それくらい下がっているんでしょうね。

『水』の影響は田んぼの話だけではありません。日南市には製紙工場があり、減産を余儀なくされています。
農業だけでなく、工業にも影響が出ているのです。
この後、どんな対策があるのでしょうか。


棚田の様子は、今度お伝えしま〜す。
(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2011-04-24 02:00 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(0)

ダム、やっぱり。。。


先日報告した日南ダム、ついに貯水率ゼロの『枯渇状態』、昭和60年にダムが完成して以来、始めてのことだそうです。下流で農業用水と工業用水が不足したため、今月4日から緊急放流が行われた結果です。ダムの底に残った本来は使われない「死水」から放流が続けられているようですが、まとまった雨が降らなければ、この水も数日で底をつくということです。
田植えの終わった早期水稲はどうなるのでしょう。
山の湧き水を使っている棚田、今年必要な量を山が蓄えてくれているといいのですが。
(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2011-04-22 23:18 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(2)

大変なことが。。。


d0009116_22111790.jpg


棚田のノンビリした眺めの陰では大変なことが

日南は晴天続きで水不足です(宮崎県、実は日南に限らないのですが)。県南では早期水稲の田植えが終わっていますが、田んぼを維持する水、農業用水が不足しています。通常はダムの水を放流して充てるわけですが、そのダムの水が干上がり始めているのです。道の駅酒谷のすぐ下、日南ダムも放流量の3回目の削減が決まりました。しかし、雨が降らないので削減も焼け石に水の状態。今のまま放流を続けると、今回決まった削減では緊急放流を1日程度しか延ばすことができず、22日頃には枯渇状態になるようです。
棚田は小松山からの水が命です、放流するところはありません。棚田の田植えまで、あと2か月足らず、こちらは大丈夫なのでしょうか。

自然相手に何もできない私たち、何とか雨を待つしかありません。
(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2011-04-19 22:24 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(0)