カテゴリ:世の中の出来事( 17 )

第16回全国棚田(千枚田)サミット(2日目)

サミット2日目は、棚田見学会があり、「石部の棚田」を見てきました。
では、少し石部の棚田の紹介。

 この石部の棚田は、前回書いたとおり、過疎・高齢化などでほどんどが耕作放棄されていたのを、住民が立ち上がり、平成12年から4haを復旧したものです。
 平成14年からは、棚田オーナー制度を導入し、100組以上が参加しています。このオーナー制度には、オーナー会員とトラスト会員があり、農作業を体験したい方はオーナー会員を、農作業にはなかなか参加できないけど棚田の保全等に支援したい方はトラスト会員がお勧めみたいです。
ちなみに、オーナー制度は年会費35,000円で特典が棚田米20㌔、トラスト制度は年会費10,000円で特典が棚田米5㌔です。
 なお、企業や大学などが棚田保全運動を支援する「一社一村しずおか運動」を展開し、多くの企業や学生ボランティアとの都市農村交流が活発に行われています。


d0009116_12324446.jpg

棚田の上部から見た風景。駿河湾を眼下に真ん中の奥に見えるのが富士山です。絶景でした。


d0009116_1233982.jpg

休憩所では、伊勢海老の味噌汁が振る舞われました。


d0009116_12332513.jpg

りっぱなトイレ付き休憩所。うちの棚田にもほしい。


d0009116_12381011.jpg

1枚の田の面積は、小さく不整形でした。農業機械の使用が困難そうです。


d0009116_12335128.jpg

1枚の田の面積が小さいため、オーナーは1枚の田を管理できます。


d0009116_12343112.jpg

リアルな案山子でした。本物と間違えそうです。


d0009116_12345091.jpg

茅葺の水車もあり、棚田にマッチしてました。


d0009116_1235947.jpg

積み上げられた石の大きさが不揃いですが、きれいな石垣です。


d0009116_16263177.jpg

静岡名産「桜餅」の桜葉がたくさん栽培されていました。



 棚田見学を終えて、よくこれだけの復旧できたなと地元住民やボランティアの苦労に感服しました。地元を愛し、棚田を愛する心が伝わってきます。ボランティアの受け入れ体制も充実していて勉強になりました。
 どこの地域も高齢化・担い手不足は深刻で、地域だけでは守っていけない時代になり、坂元棚田も近い将来その問題に直面するでしょう。いかに支援していく体制を充実していくか、今後の大きな課題になっています。
 棚田は、単に生産の場ではなく、国土保全・水資源かん養等の多面的機能、教育・体験の場、新たな地域産業の場でありますので、皆さんと一緒に次世代にこの美しい棚田が残せるようにしていきたいと思います。


 次の全国棚田(千枚田)サミットの開催地は、徳島県上勝町になっています。皆さんも是非参加して頂きたいと思います。
[PR]
by tnd8585 | 2010-11-09 17:21 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(0)

第16回全国棚田(千枚田)サミット

 かなり久々の登場です。事務局2です。

 平成22年10月22(金)~23日(土)に静岡県松崎町で開催されたサミットに上司と参加しました。
 開催テーマは、「棚田が結ぶ、ふるさとの絆~みんなで創ろう!百笑の里~」です。全国から多くの地域住民や棚田がある自治体、棚田保全関係者が集まり、意見交換や交流を行いました。

 1日目の日程です。
 13:00~13:30 開会式
 13:30~14:30 基調講演 演題:「農の理想郷づくり~棚田を活かす~」 講師:静岡県知事
 14:30~15:00 事例発表(石部地区棚田保全推進委員会)
 15:30~17:30 分科会
 18:00~20:00 全体交流会

 2日目の日程です。
  8:30~11:30 棚田見学会
 13:00~13:45 分科会まとめ
 13:45~14:15 閉会式 
 
 では、1日目の模様を報告します。
 午前中に「全国棚田(千枚田)連絡協議会理事会」、「全国棚田(千枚田)連絡協議会総会」を済ませ、いよいよサミット開会式です。

開会式会場:松崎高等学校体育館
d0009116_12545727.jpg

d0009116_1358253.jpg

お茶のサービス。ここだけでなく、地元の高校生がたくさん協力していました。至る所で挨拶をしてくれて、とても感じがよかったです。

d0009116_13474726.jpg

開会式前に町内児童が、棚田サミット公式テーマソング「棚田へ行こう!」をダンスとともに歌ってくれました。この「棚田へ行こう!」は平成18年、宮崎県日南市の坂元棚田でサミットが開かれたとき、地元の酒谷の子どもたちでつくるコーラスグループ「シングアウトキッズ」が作詞したものです。ひときは大きな拍手あり、盛り上がっていました。

基調講演 演題:「農の理想郷づくり~棚田を活かす~」 講師:静岡県知事 川勝 平太氏 
d0009116_1422312.jpg

稲は日本の芸術品、残さなければならない日本の財産。当初食料を供給するのみだったが、多面的機能があることが認識された。棚田は技術と文化の結晶、これからも守っていかなければならない等々。
常に熱く講演されていました。

事例発表(石部地区棚田保全推進委員会)
d0009116_14232135.jpg

以前、石部の棚田は、大半が耕作放棄され、原野化していましたが、平成12年に地域の活力を取り戻すため、4haが甦りました。復興するときは、反対意見もあったそうです。平成14年からは、棚田オーナー制度を導入し、100組以上のオーナーや学生、企業などがボランティアを通じて、交流が行われているということでした。100組以上なんて、すごいですね。

第1分科会:「棚田が甦る、ムラが輝く~人の輪が未来を築く~」
d0009116_14253973.jpg

4つの分科会があったのですが、第1分科会に参加しました。
後継者不足に関しての意見として、子供に農作業を体験させることによって、後継者につながるにではないか。
また、ボランティアで参加している学生の意見では、棚田一本で生活するのは無理。空いた時間でボランティアに参加するのは可能なので、つなぎ役として頑張りたい。働く環境が整っていない。
パネリストの意見として、行政と一体となって住める環境を整えることが大事ではないか、といったような様々な意見がありました。

全体交流会
d0009116_1426228.jpg

かなり、ごったがえして熱気ムンムンです。乾杯の前にもかかわらず、皆さん一目散に地元郷土料理などに群がり、舌鼓をしながら交流を深めていました。個人的には、黒米のおにぎり?がおいしかったです。
d0009116_14262256.jpg

d0009116_14273644.jpg


では、後日、2日目の棚田見学会に続きます。
[PR]
by tnd8585 | 2010-10-28 15:48 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(0)

坂元棚田で皆既日食!

今日は7月22日です。何の日か分かりますか?そう、巷で話題の46年ぶりとなる皆既日食の日です。私も坂元棚田に用事があったので、ついでがてら坂元棚田で見てきました。

宮崎の皆既日食は、食の最大が10時58分59秒の予定です。
しかし、今日は朝から模様でしたので、見れたらラッキー程度の気持でいました。

10時39分の写真です。雲がかかって光しか見えません
d0009116_13144337.jpg

10時40分の写真です。ちょびっと出てきました
d0009116_1315177.jpg

10時44分の写真です。三日月ではありません。皆既日食です。
d0009116_13151412.jpg


残念ですが、これ以降、雲の間から顔を出すことはありませんでした。
でも、少しでも見れたのでラッキーでした。

(事務局その2)
[PR]
by tnd8585 | 2009-07-22 13:26 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(0)

アストラゼネカさん!すごい!

(昨年のアストラゼネカさんの雨の中での作業の模様。)
d0009116_18163827.jpg


今週始め、アストラゼネカのCSR担当の小野さんから
お便りで連絡がありました。
 社会貢献活動(CSR)として、坂元棚田でも活動されて
2年が経過したアストラゼネカさんが、
第6回オーライ!ニッポン大賞を受賞されたとの事。

すごい!という一言です。
坂元棚田では、2年ですが、本当は、3年前から活動して
いるわけで、全国で約50カ所3,000人の社員のみなさんが
中山間地域に出かけ、お客さんではない、本当の意味で
自分たちにできる貢献活動を展開してきた結果です。

やっぱり、会社組織がしっかりしているところは、
儲けだけを追求するのではなく、社会の一員として
できることをちゃんと、してくれるわけです。

ちなみに、アストラゼネカさんは、全国棚田(千枚田)連絡協議会
の団体会員です。

ただ、このアストラゼネカさんを、中山間地域に導いてくれたのは、
棚田の第一人者で全国棚田(千枚田)連絡協議会理事、
棚田ネットワーク会長、棚田学会会長の
中島峰広早稲田大学名誉教授(宮崎県延岡市出身)です。

やっぱり、棚田の人は、みんなすごい!
なんか、文章がおかしいかもしれませんが、
とにかくうれしい、気持ちです。

受賞の記事は、下をクリック
棚田ネットワークのサイトはこちら
オーライ!ニッポンのサイトはこちら
[PR]
by tnd8585 | 2009-04-02 18:24 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(0)

第14回全国棚田(千枚田)サミットの御案内

d0009116_10475440.jpg

(写真は、昨年の茂木サミットの閉会式の模様です)

第14回全国棚田(千枚田)サミットが10月に開催されます。場所は、九州 長崎県雲仙市と長崎市の合同開催です。
 参加申込の受付は開始されましたので、下記から、棚田連絡協議会のホームページに入ってもらい、申込書などを打ち出して下さい。

第14回全国棚田(千枚田)サミットの詳細は、ここをクリック
[PR]
by tnd8585 | 2008-07-23 10:40 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(0)

梅雨明け・・・暑い!!

d0009116_8455797.jpg


7月6日(日)、今年の梅雨明け宣言が発表された。この日、オーナーさんのあくまき・さるかく団子作り教室が開催されるため、朝早く、市役所を出発した。
d0009116_8533995.jpg



 日南の最高峰 小松山は青空と夏特有の白い雲に囲まれ、くっきりと山の緑を演出させていました。
d0009116_8541449.jpg

d0009116_8544484.jpg


 日南市のこの日の最高気温は、油津で35.5度で、この日、わが故郷、富土(ふと)海水浴場では、海開きがあった。まさに南国宮崎!夏の本番!という感じの1日だった。ちなみに、この日の全国1位の最高気温は、宮崎県美郷(みさと)町 神門(みかど)で36.4度ということでした。暑さでボーッっとしながらラジオを聞いていたら、確かこの日は、宮崎県が最高気温3位までを独占したということだった。
 そんな暑い日に、オーナーさんのあくまき・さるかく団子作り教室を開くことになるなんて・・・。
次回、紹介しますが、この教室は、薪を使ってお湯を4時間ほど炊きます。私は、PTA行事参加のため、途中で帰りましたが、とっても暑かったはずです。
[PR]
by tnd8585 | 2008-07-08 08:58 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(1)

台風の余波・・・

d0009116_92184.jpg

台風5号の余波で、事故が起きました。
 6月2日の夜、大分市から韓国に向け、クレーン付き台船をえい航している際、タグボートとつないだロープが切れ、宮崎市の内海の日南海岸の鬼の洗濯岩に座礁した。
(関門海峡の方から運ぶのかと思っていたが、そうではないみたい。わざわざ、台風の影響が予想される方を通るのは、いかがなものか。ちょっと無謀ではないのかと考えさせられました。)
 ちょうど、4日の朝、視察で付近を通ったため、見てきました。ちなみに、野次馬の方も大勢おられました。
 自然の大パノラマに突如出現した、怪物は、異様な雰囲気でした。
 自然には、似合うもの、似合わないものがあるのだと、再認識しました。
d0009116_934431.jpg

 
[PR]
by tnd8585 | 2008-06-06 09:09 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(0)