カテゴリ:私たちの取り組み( 512 )

マルチを張ってはみましたが・・・・

d0009116_1982110.jpg

4月7日(日)。快晴。
畑は、家光さんにお願いし、トラクターで
畝立てをしていただいた。

さあ、マルチを張ろう。
しか~し、この日は、強烈な風が吹き荒れていました。
世の中を甘く見ていた私。
今回も、それを思い知らされてしまいました。
このくらいの風、土をかぶせれば
マルチは飛ばないと思い、せっせとマルチ張り。
サーっと、マルチを延ばすと、バタバタとマルチが
たなびきます。
ダメかなと、思ったが、時すでに遅し。
30mほどマルチを延ばし、元に戻すこともできず、
強風と闘い、せっせと、土をかぶせ、押さえた。
我ながら、完璧と思っていたら、強烈な風で
マルチが吹き飛びます。
また、せっせとマルチ土をかぶせます。
2列しようと思いましたが、強烈な風の前に
1列だけがやっとでした。
d0009116_19155874.jpg

なんとか、マルチを張り終えましたが、
次の週、えらい事になっていようとは、
この時、考えもしませんでした。
浅はかな考えで農業はできないことを思い知らされます。

つづく・・・
[PR]
by tnd8585 | 2013-04-17 19:18 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)

サクラ満開を撮影していると・・・

d0009116_1823232.jpg

サクラ満開の写真を撮っていると花見をしているグループから
確かに私の名前を呼ぶ声。

近寄ってみると、
坂元棚田「若衆会(わけしかい)」の
範佳さんです。
ただ、職場の女性先輩も一緒に
同席されていた。

d0009116_1893416.jpg

どうやら、範佳さんと奥さんと奥さんの両親と妹さん(私の先輩)とで、
花見をしようということで
急きょ、集まって楽しんでおられるようでした。

ちなみに、「食べていかんね(一緒に楽しみませんか)」
とお誘いを受けたが、取材途中のため、後ろ髪を引かれる思いで
断らざるを得ませんでした。
ごちそうが並んでいたので残念で仕方ありませんでした。
今度、誘ってくださいね。(来年以降かな?)

本当に地元で自然に囲まれて家族で交流できるなんて
良いですよね。
[PR]
by tnd8585 | 2013-03-25 18:16 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)

楽しみです!!

d0009116_12155586.jpg

畑の草刈りをしたことは、報告しました。
なぜ、草を刈ったのか?
そう、この畑は、ワラビが栽培されています。
で、草を刈って、日当たりを良くし、芽が出やすい条件を
つくったところです。

この枯れ草は、ワラビです。
今から3月が楽しみです。
d0009116_12201710.jpg

[PR]
by tnd8585 | 2013-02-08 12:20 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)

やっぱり、機械ですね!!

d0009116_12531139.jpg

草刈り鎌でこのまえ、草刈りしましたが、思うように捗りませんでした。
そこで、今回は、機械の力を借りて、行いました。
その機械の名は、「草刈機」(そのままです)
d0009116_12544985.jpg

やっぱり、仕事が早いです。
鎌の時は、草を刈ったのかどうかもわかりませんでしたが、
今回は、石垣が見えるようになりました。
やっぱり、機械ですね。
[PR]
by tnd8585 | 2013-02-07 12:56 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)

草刈り作業

d0009116_20134991.jpg

草刈り作業を鎌を使ってやってみました。
手作業で草刈りをしてみると、
やっぱり草刈機のすごさを感じます。
でも、もっと草刈機の有り難さを実感するために
頑張って草を刈ります。
そうすると。草刈機では気付かなかったことに遭遇します。
枯れ草には、カマキリの卵があります。
春になると、孵化するのだろうと思います。
畑では、カマキリは、害虫を食べてくれる益虫でしょうか。
d0009116_20201275.jpg


頑張って手刈りをしていると軍手に
コセンダングサの針みたいな種がびっしりと付いてきました。
これは、繊維を通して、チクチクと痛いし、取り除いても針先が繊維に残り、
これまた、チクチクと痛いです。これは厄介者です。
d0009116_20223314.jpg


で、2時間ぐらい、草刈りしましたが、目に見えて仕事は捗りません。
ちょっと、石垣が見えるようになったかなぁと思えるぐらいです。
次回は、草刈機で一気に挽回しようと思います。
ちょっと、奮闘した次第です。
d0009116_20242386.jpg

[PR]
by tnd8585 | 2013-01-31 20:25 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)

ちょっと、早いですが、イベントのお知らせ

市役所の酒谷支所長からイベントのお知らせがありました。

せせらぎの里 棚田まつり

開催日:平成25年3月24日(日)

場 所:道の駅酒谷周辺
     ※棚田まつりなので、棚田に、ちなんだイベントに
       なると思います。

まだ、開催内容・タイムスケジュールは、これからだそうです。

連絡が入り次第、また、ご案内します。

毎年、棚田まつりの頃は、春雨になることが多いので

今からみんなで、当日、晴天になるように

お祈りしましょう。
[PR]
by tnd8585 | 2013-01-29 20:14 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)

新年あけましておめでとうございます!!

d0009116_147191.jpg

新年あけましておめでとうございます。
2013年、平成25年、巳年は、穏やかに明けました。
今年1年、また、災害なく、平穏、無事で過ごせることを
願っています。
新年といえば、初日の出かと思い、
朝日に輝く、小松山、道の駅酒谷、そして、坂元棚田(アップ)を
ご覧下さい。
d0009116_1411869.jpg

d0009116_1415428.jpg

d0009116_141606.jpg

d0009116_1416157.jpg

d0009116_14112934.jpg


今年も、ブログ「たなだ日和」共々、
坂元棚田をよろしくお願いいたします。

[PR]
by tnd8585 | 2013-01-03 14:18 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(1)

オーナーさんの精米

白米で申し込まれたオーナーさんの精米の様子を紹介します。

精米は、11月10日(土)、石崎精米所で行いました。

モミをまずは、投入。
d0009116_19141773.jpg
d0009116_19143054.jpg


自然乾燥してあるので、乾燥機を通り越して、もみすり機に投入されます。
d0009116_19163252.jpg
d0009116_19163754.jpg
d0009116_191718.jpg


ここで、玄米とクズ米に振り分けられます。
d0009116_1917316.jpg

玄米は、一旦、袋に入れます。
d0009116_19174691.jpg


精米機で白米にします。
d0009116_19192852.jpg
d0009116_19194322.jpg


精米された白米です。
なお、雑穀や変色したお米が入っていますが、食味に影響はないということです。
気になるようでしたら、申し訳ありませんが、取り除いてください。
d0009116_19204783.jpg

[PR]
by tnd8585 | 2012-11-12 19:20 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)

新米の発送

棚田オーナーさんで棚田米について、白米で申し込まれた方に
11月10日(土)に精米し、11月11日(日)に発送しました。
早い方は、本日、届いたと思います。
まだの方でも、今週中に届くと思います。

モミで申し込まれた方は、収穫祭の時に精米所に取りに
行ってください。
収穫祭の時にご案内します。
[PR]
by tnd8585 | 2012-11-12 19:09 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)

ニンジンの収穫!!

d0009116_1928750.jpg

8月12日に種をまいたニンジン。
種まきの報告は、
ココをクリックしてください。

土寄せも行い、肥料をまき、手塩にかけ、だいぶ大きくなりました。
3ヶ月が経とうとした11月4日(日)。
福永さんが、収穫してみようかと、言われたので
できているか心配だったので、福永さんに1株引き抜いてもらった。
すると、とても立派なニンジンができていました。
ニンジンからすると、当たり前の成長なのかもしれませんが、
福永さんと、ちょっと喜びの歓声をあげてしまいました。
で、次に引き抜くとやっぱり、ちょっと形がいびつ。
でも、それはそれで、愛着のあるニンジンと思ってしまいました。
収穫して、家で早速、食べてみましたが、やっぱり、ニンジンの味。
でも、とってもおいしく感じてしまいました。
食育を感じる私でした。

できたニンジンの写真です。
d0009116_19345893.jpg

[PR]
by tnd8585 | 2012-11-07 19:34 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)