<   2005年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

棚田オーナー会議開催しました!

平成17年度になって、2回目のオーナー会議を5月21日(土)に開催しました。
今回は、参加者15名の中に新メンバーも加わり、心機一転新たなスタートを予感させる会議となりました。
市役所農政課の新課長の就任挨拶を受けた後、自己紹介をしました。午前中の保全活動(野良仕事・野菜の収穫作業・石垣清掃)を中断させていたため、この会議は、すぐに終わると思いきや、みんな棚田に対する思い入れや、初めての参加で熱心な活動にとまどいを感じる意見、おまけに市の担当課長に質問をするといったアツイ自己紹介となりました。
また、会議の中でオーナー会議の会則を作ってはどうかとか、畑への苗代や肥料代を捻出できないかといった「オーナー倶楽部」発展への建設的なご意見がでました。
事務局からの伝達事項がようやくできるかと思ったら、「もう畑仕事にいかなくては」とみんなソワソワしはじめて、駆け足で説明したところでした。
今度オーナーのみなさんに会うのは、オーナー田植えの日。オーナーさんのパワーに圧倒されないように、事務局も頑張らなくてはと感じました。

(すごく悲しい出来事)
5月13日号で「谷口久馬さんの畑にキツツキが巣作りをしている」ことをお知らせしましたが、心ない人がその巣を壊されたようです。目撃者の話では、3人組の観光客ということでした。大変残念です。坂元棚田も少しずつ、その存在を知ってきてもらってきており、それに伴い観光客も増えてきています。人がたくさん来るようになれば、心ないことをする人も当然出てくるし、その手だてをしなかった方が悪いと思う方もいらっしゃるでしょうが、地元では、そこまで対応はできていないのが現実であり、また、棚田を見に来られる方を警戒心のかたまりで対応することはできません。どうか、棚田に来られるみなさん、動植物の命を大切に、そして環境を壊さないで下さい。
[PR]
by tnd8585 | 2005-05-23 09:08 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)

平成17年度棚田オーナーの数が30組になりました!

今年は、棚田オーナー制度の申し込み数が、30組に届かなかったと一人反省をしていましたが、申し込み決定を行った後、加入の相談が立て続けに来て、本日、受け入れ限度30組いっぱいになりました。田植えを前にして、事務局としてホッとしたところです。1年間、よろしくお願いします。

(ここも見てみて1)
棚田に行ったら、いつのまにか、貯水槽にコップが添えられていました。心憎い気遣いがとっても有り難かったです。ちなみに、この水は、近くの清流からとったものです。水の水質検査は行っていませんので、使用については、個人の責任でお願いします。なお、私は、この水を飲んで体が悪くなったことは、ありません。
(ここも見てみて2)
そろそろ梅雨に入る季節となりました。酒谷を走る国道222号は、地元の皆さんの協力によりあじさいが植裁されています。まだ、花は咲いていませんが、もうつぼみがちらほら見えていました。梅雨は、外出を避けてしまいがちになりますが、梅雨だからこその風景を満喫しては、いかがですか。ちなみに、昨年の写真をごらん頂いていますが、あじさいを植えている箇所は、国道222号の日南市街地から向かって、酒谷の入り口から、酒谷キャンプ場までです。今後は、まだまだ、増やしていくとのことでした。
[PR]
by tnd8585 | 2005-05-18 11:38 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)

お待たせ!棚田オーナー田植えのご案内です


平成17年度棚田オーナーのみなさん、待ちに待った、田植えの案内です。
とにかく、田植えをしないことには1年が始まりません。
今から、地元のみなさん(もしかしたら、やる気十分のオーナーさん)のご協力を得ながら、田植えの準備をしていきます。
○棚田オーナーの田植え日程
平成17年6月12日(日) 
 8:30 受付 (天候で変わりますが、坂元公民館を予定)
 9:00 開会行事 ・あいさつ・日程説明・棚田場所抽選
10:00 田植え開始
12:00 昼食 
13:00 田植え作業(例年、午前中で終わっています。当日の
     進み具合で変わります)
14:00 終了

  棚田オーナー畑は、作物がいっぱい育っています。豆、イチゴ、レタス、大根 などなど。
  とっても、おいしそうで、虫たちもたくさん、食べていました。早く収穫しないと、全部虫が食べてしまいます。
  それから、オーナーの福永さんから、連絡がありました。谷口久馬さんの畑にキツツキが巣作りをしているそうです。今度、場所を聞いてみて下さい。
[PR]
by tnd8585 | 2005-05-13 12:53 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)