<   2006年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

バス リハーサル

d0009116_19151471.jpg

棚田サミット現地視察のバス輸送計画を現在、考えています。7月20日に宮崎交通さんの路線バスを借りて、棚田展望台までの道を走ってみました。
 マイクロバスならスイスイ行けたのに、やっぱり中型バスとなるとなかなか、そうもいかない。でも一度に輸送できる人数がとっても魅力的。どうにかならないものかとっても悩んでいます。
まずは、道の枝落としから始めなければならない。準備はまだまだです。
d0009116_19183485.jpg

バスが戻ってきているところです。ギリギリわかりますよね。
[PR]
by tnd8585 | 2006-07-31 19:19 | 第12回全国棚田サミット | Trackback | Comments(0)

すいか太郎のお話・・・

 オーナーの福永さんがスイカの苗を植えられて、スイカが甘く育ちました。今年もスイカが無事美味しく育ち、おそらく、来られたオーナーさんへ福永さんがにっこり笑い、「持っていってもいいど~。今度来るときは、育てたい苗を持ってきてね」という会話が交わされることだと思います。
 そこで、勝手なスイカ太郎の物語を作ってみました。
d0009116_1834783.jpg

ここは、宮崎県日南市 酒谷は坂元の集落。小松山の中腹に、地元の人々が美味しいお米を作るため、コツコツと造った棚田が存在する。
 ある年の田植えも済み、暑い夏の初めのころの良く晴れた日のことじゃった。
 2km先の谷川から引いている水路は、いつものように、幾重もの滝のごとく、棚田の田圃を潤し流れ落ちています。耳を澄ますとまるで、小川のせせらぎのようです。
 この水路を見ていると、ドンブラコッコとそりゃ~大きなスイカが流れて来るではありませんか。
d0009116_18421420.jpg

d0009116_18422521.jpg

d0009116_18424772.jpg

 こりゃ~小松山の冷たい水に冷やされた美味しいスイカだろうと、オーナー畑で草むしりをしていたオーナーの長友さんと石橋さんがヨイショっとすくい上げ、満面の笑みを浮かべておられた。
d0009116_18585058.jpg

 早速、キンキンに冷えたスイカを割って食べようと、棚田の道ばたで切ってみると、あら不思議、スイカは光り輝き、中から成人のスイカ太郎が出てきました。
d0009116_18595317.jpg

 既に、暑い日差しをどこでいっぱい浴びたのだろうかというぐらい真っ黒に日焼けした顔、帽子をかぶり、トレードマークの長袖ポロシャツ、釣り用か農作業用かわからないが、活動力を高める長靴といった姿。
d0009116_1902967.jpg

「こりゃ~まさしく小松山が坂元棚田を守るために授けてくれたスイカ太郎だ」とオーナーの2人は思いました。
 早速、スイカ太郎に耕耘機を提供したところ、帽子をかぶり直し、いざ出陣、瞬く間に、オーナー畑を耕したのでした。
 このウワサを聞きつけた地元の方々。高齢化と後継者不足に悩んでいたため、「スイカ太郎さん、うちの田圃を耕してくれ」とか「この機械を直してくれんか」といったお願いをスイカ太郎さんにしたのである。
 とても気さくなスイカ太郎さん、全ての地元の願いを聞き入れ、毎週、毎週頑張って作業をされました。
 とても、働き者のスイカ太郎さん、世話になった御礼にすばらしい名前をみんなで付けようと地元のみなさんは、来る日も来る日も考えました。そしてようやく付けた名前が、福永さん。
 本人もとっても喜び、以来、福永さんと地元で慕われることになりました。
 めでたし、めでたし。
(注:これはすべて架空の話です。登場人物は現存しますが、架空の登場人物とお考え下さい)
[PR]
by tnd8585 | 2006-07-27 19:02 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)

やっとできました。

 第12回全国棚田(千枚田)サミットの参加申し込み案内ができました。
 全国の市町村、連絡協議会会員、後援団体、来賓者に案内を送ったところです。
 画面左側の列にある棚田サミット参加申し込み案内をクリックして頂ければ、申し込み案内のサイトに入ります。必要に応じ、プリントアウトしてください。
 なお、参加申し込みについては、参加申込書に必要事項を記入し、サミット共同デスク(JTB九州宮崎支店内)へFAXにてお申し込みください。
 やっと、ここまできました。まだまだ、調整は続きます。
[PR]
by tnd8585 | 2006-07-24 19:06 | 第12回全国棚田サミット | Trackback | Comments(0)

考えてみれば・・・

d0009116_2042412.jpg
 
 7月15日(土)は、オーナー会議の日でした。オーナーの石橋さんと長友さんが朝から来られて、一生懸命、駐車場の花壇の草取り、オーナー畑の草取りをしておられたました。
d0009116_20441926.jpg

 昼食の時、今日はオーナー会議の日ですよと言われ、来週とばかり思っていたため、びっくり。まだまだ、自分自身にも定着していないんだなーと反省したところでした。
d0009116_20422833.jpg

 気を取り直して、午後からは、畑を耕し、石橋さんが持ってこられたネギの苗を植えました。今年の冬は、どうやら、すき焼き三昧のようです。ただし、ネギがあるだけで、牛肉が手に入るかはわかりません。もしかしたら、ネギのみのすき焼きになるかも?早くも収穫の心配です。
[PR]
by tnd8585 | 2006-07-18 20:45 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)

空き家は・・・

d0009116_15105233.jpg
 
 先週坂元公民の下の館空き家の解体を途中まで紹介しました。今週7月15日土曜日に行ってみるとご覧のとおり、何も無くなっていました。地元のみなさんのフットワークの軽さを改めて感じたところでした。
d0009116_15112089.jpg

それから雨で中止となっていたケイトウの植栽についても、気付いてみたらもうご覧のとおり、棚田の道ばたに至るところ植えてありました。棚田の景色とマッチしてサミットの時には、全国の皆さんを歓迎してくれることでしょう。
d0009116_151359.jpg

[PR]
by tnd8585 | 2006-07-17 15:13 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)

畦草刈りをしました

 7月8日(土)は、時折降る雨の中、オーナーの福永さんとオーナー田圃の畦草刈りをしました。
 元来、建築設計をされる福永さんの仕事は丁寧で、草刈機にナイロンテープを備え付け、石垣の草も根こそぎきれいに刈っておられました。
 一方、元来めんどくさがりの私は、ナイロンテープでは作業がなかなか進まないため、チップソーの円盤で草刈りをしました。
 結果は歴然、福永さんは、業者がした仕事のようにきれいさっぱり。私はというと、確かに刈った面積は広いものの、いわゆる虎刈り。
 まっ、刈ったという事実だけは、あるから良しとしとこうと勝手に納得しました。
 実は、困ったのは、その日の夜以降でした。草刈りの際、ドロが服に付くのを防ぐため、カッパを着て行っていましたが、お昼に古々炉でご飯を食べ作業をした際、ズボンが汚れたため、オーナーの石灘さんが、ズボンは洗っておくからカッパだけ着て作業したらとアドバイスして頂いたため、そのようにしていたら、びっちょり汗をかきました。おわかりですか。そう、子供の頃、母によく夏言われた、あせもができ、かゆくて仕方がない。おまけに台風が接近していたため、湿った空気がもたらすジメジメの暑さで汗がさらに出て、この1週間かゆくて仕方がないのです。皆さんもあせもには気をつけて下さい。
 ちなみに、あせもには、海水が良く効くと昔から言われているため、実家の海でひと泳ぎして早く治したい気分です。
[PR]
by tnd8585 | 2006-07-13 21:25 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)

解体です・・・

d0009116_2235969.jpg

 7月8日(土)早朝、雨が降っていたため、その日の地元女性によるケイトウの花植えは中止。男性は、坂元公民館下にある空き家の解体も中止になるはずでしたが、少しでも早く終わらせたいとの思いで有志による作業が昼から始まった。
 九電に電話して、電線の処理を終わらせ、家の解体が始まった。庭の植木を伐採し、機械が作業できるように準備して解体開始。人の手はほとんどいらず、見ている方が多かった。機械のありがたさがわかったのでした。
 この日は、半分で仕事は終了。日曜日も作業をして、おそらく更地になっていると思います。
顛末が報告できなくて申し訳ありません。
d0009116_2241188.jpg

[PR]
by tnd8585 | 2006-07-11 22:04 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)

田植え終わって・・・

d0009116_21351285.jpg

 田植えが終了し、稲はすくすくと成長しています。遠目でも緑のじゅうたんらしくなってきました。週末予想された台風も昨年の台風14号の被害で地元の気持ちを察してか、段々とそれていきました。良かった良かった。
d0009116_21384448.jpg

 そんな棚田の水路に目をやると、やっぱり長方形の区画された棚田とあって、まっすぐに水は落ちていきます。前方の田圃でないところを気にせずに見てみると、一直線に落ちているのがわかると思います。感心しました。
d0009116_21404667.jpg

 今年からオーナーの田圃として提供頂いた実さんの田圃の畦には、カンナが植えてあり、ちょうど見頃となっています。実さんの演出です。有り難うございます。
[PR]
by tnd8585 | 2006-07-10 21:43 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)

振興局のみなさんのおかげです。

d0009116_18432758.jpg

 棚田サミット受け入れのために、様々な団体等がご協力頂ける有り難いことです。
 さて、南那珂振興局では、展望台を整備して頂きましたが、最終整備として、展望台に高さ4.5mの展望デッキを造って頂きます。写真は、その場所を示すものです。8月いっぱいでできるそうですが、その間、工事中ですので、展望台をご利用の方は、ちょっとご迷惑をお掛けしますが、ご了承下さい。
[PR]
by tnd8585 | 2006-07-07 18:43 | 第12回全国棚田サミット | Trackback | Comments(0)

地元では・・・

 バタバタとしているうちに、1週間が過ぎてしまいました。今日こそは、書き込みがあると思って毎日見て頂いた皆さんには大変申し訳なく思っています。
 さて、棚田サミットに向け、地元では受け入れのため、棚田視察コースにケイトウの苗を明日植えることになりました。台風が心配されますが、天気良ければ行いますので、お知らせします。

 朝8時だよ集合! 
 集合場所  坂元棚田 下の駐車場

です。台風もギリギリそれそうです。天気が心配ですが、都合の付く方は、参加してみませんか。
[PR]
by tnd8585 | 2006-07-07 18:36 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)