<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第16回全国棚田(千枚田)サミット

 かなり久々の登場です。事務局2です。

 平成22年10月22(金)~23日(土)に静岡県松崎町で開催されたサミットに上司と参加しました。
 開催テーマは、「棚田が結ぶ、ふるさとの絆~みんなで創ろう!百笑の里~」です。全国から多くの地域住民や棚田がある自治体、棚田保全関係者が集まり、意見交換や交流を行いました。

 1日目の日程です。
 13:00~13:30 開会式
 13:30~14:30 基調講演 演題:「農の理想郷づくり~棚田を活かす~」 講師:静岡県知事
 14:30~15:00 事例発表(石部地区棚田保全推進委員会)
 15:30~17:30 分科会
 18:00~20:00 全体交流会

 2日目の日程です。
  8:30~11:30 棚田見学会
 13:00~13:45 分科会まとめ
 13:45~14:15 閉会式 
 
 では、1日目の模様を報告します。
 午前中に「全国棚田(千枚田)連絡協議会理事会」、「全国棚田(千枚田)連絡協議会総会」を済ませ、いよいよサミット開会式です。

開会式会場:松崎高等学校体育館
d0009116_12545727.jpg

d0009116_1358253.jpg

お茶のサービス。ここだけでなく、地元の高校生がたくさん協力していました。至る所で挨拶をしてくれて、とても感じがよかったです。

d0009116_13474726.jpg

開会式前に町内児童が、棚田サミット公式テーマソング「棚田へ行こう!」をダンスとともに歌ってくれました。この「棚田へ行こう!」は平成18年、宮崎県日南市の坂元棚田でサミットが開かれたとき、地元の酒谷の子どもたちでつくるコーラスグループ「シングアウトキッズ」が作詞したものです。ひときは大きな拍手あり、盛り上がっていました。

基調講演 演題:「農の理想郷づくり~棚田を活かす~」 講師:静岡県知事 川勝 平太氏 
d0009116_1422312.jpg

稲は日本の芸術品、残さなければならない日本の財産。当初食料を供給するのみだったが、多面的機能があることが認識された。棚田は技術と文化の結晶、これからも守っていかなければならない等々。
常に熱く講演されていました。

事例発表(石部地区棚田保全推進委員会)
d0009116_14232135.jpg

以前、石部の棚田は、大半が耕作放棄され、原野化していましたが、平成12年に地域の活力を取り戻すため、4haが甦りました。復興するときは、反対意見もあったそうです。平成14年からは、棚田オーナー制度を導入し、100組以上のオーナーや学生、企業などがボランティアを通じて、交流が行われているということでした。100組以上なんて、すごいですね。

第1分科会:「棚田が甦る、ムラが輝く~人の輪が未来を築く~」
d0009116_14253973.jpg

4つの分科会があったのですが、第1分科会に参加しました。
後継者不足に関しての意見として、子供に農作業を体験させることによって、後継者につながるにではないか。
また、ボランティアで参加している学生の意見では、棚田一本で生活するのは無理。空いた時間でボランティアに参加するのは可能なので、つなぎ役として頑張りたい。働く環境が整っていない。
パネリストの意見として、行政と一体となって住める環境を整えることが大事ではないか、といったような様々な意見がありました。

全体交流会
d0009116_1426228.jpg

かなり、ごったがえして熱気ムンムンです。乾杯の前にもかかわらず、皆さん一目散に地元郷土料理などに群がり、舌鼓をしながら交流を深めていました。個人的には、黒米のおにぎり?がおいしかったです。
d0009116_14262256.jpg

d0009116_14273644.jpg


では、後日、2日目の棚田見学会に続きます。
[PR]
by tnd8585 | 2010-10-28 15:48 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(0)

その後の棚田は

稲こぎから約1週間、雨も降った棚田の様子を見に行ってきました。まずは『道の駅』に寄り買い物、遅くなると買えないものがありますから。駐車場には車が多く、上の広場を見ると広場周囲の芝生に座り込んでいる一団がいます。『道の駅』の方に聞くと近くの地区の方たちとのこと。これはまたしても無人の棚田か?
棚田へ移動して下の駐車場にクルマを止め、歩き始めました。先日稲こぎをしていたところに近い田圃、まだ獅子たちが仁王立ち。先日の雨で濡れたところが黒っぽくなっています。
今日の話はコレくらいにして田圃の様子を
- 棚田らしい写真。
d0009116_23164489.jpg
下の方と上の方に少し、稲こぎを待つ馬(獅子)たちが見えます。稲こぎはいつでしょうか。

- 稲こぎの終わった田んぼ
d0009116_23185143.jpg
馬に使った竹とシートをかけられた、おそらく脱穀機(ハーベスター、自走自脱とかメーカー系のページには書いてあるけど...何と呼ばれてるんでしょうか)

- わけし会の田んぼ
d0009116_23191046.jpg
どこにあるか、棚田でさがしてみてね。

- いつものとこ
d0009116_23193286.jpg
花も終わり、田んぼの畦は草が伸びてきて『無精畦?』

- 秋の田植え?
d0009116_23195764.jpg
稲刈りの後、また芽を出している米。

- 花のなくなった道...
d0009116_23202135.jpg

- 貯水槽
d0009116_232042100.jpg
山からの水が止まり、水位も低い中で、カエルとメダカを発見。生き延びてくれ。

東の道を上がり、帰りは貯水槽から下の駐車場に向かって歩き始めました。ハル子(でいいのかな?)ばあちゃんが畑にいました。『たなだ日和』に、と言って写真を撮らせてもらいました。今日はサツマイモの手入れ他、虫が多くて大変だそうです。
ハル子ばあちゃんに「道の駅には行かんと〜?(行かないの?)」「グラウンドゴルフじゃろ〜?、せんと(しないよ)!。」そうか、ゲートボールじゃなくてグラウンドゴルフなんだ。でも、畑の世話できるんだから、きっとできるのに。
d0009116_23205816.jpg

- さあ、仕事!仕事!
d0009116_23211623.jpg

- ハル子ばあちゃんの畑、野菜たちが元気に育っています。
d0009116_23221758.jpg
「唐辛子、持って帰んない。」と言われて、遠慮なく2本引き抜いて持って帰りました。
「ハル子ばあちゃん、ありがとう。家で干しちょるよ〜」

その他、今日の戦利品
- 棚田の畦で
d0009116_23223797.jpg
この後はピューレにしてお団子、湯船にも浮かびました。

-『 道の駅』で
d0009116_23225420.jpg


田んぼから稲がなくなると、また様子も変わり、棚田の色も違ってくるでしょう。
また見に来てくださいね、たなだ日和も本物の棚田も。

(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2010-10-28 00:27 | 棚田の今 | Trackback | Comments(2)

稲こぎ(稲こき?)

18日の稲こぎ風景
稲こぎ(稲こき?)ー どっちでもいいや。
アップするのが遅くなってしまいました。今回はちょっと長めの文章です、ガマンして読んで下さいね。

班長の日高さんへは稲刈りの前から「稲こぎの日は当日でもいいから教えて欲しい」とお願いしていました。電話は来ないけど、稲刈りから一週間が過ぎ、そろそろ棚田へ行かないと...と、思っていました。しかし、完治していないギックリ腰、車に乗って大丈夫かな。

そこへ日高さんから電話が入りました(これが一昨日、18日です)。田圃の見回りに行った時に、古澤会長が「今日、保存会の田圃で脱穀をする。オーナー田は明日くらいに」と、仰っていたとのことでした。一瞬、翌日にしようかなと思いましたが、気持ちは走り始めていたので棚田へ向かいました。棚田に着いてみると何かシーンとした感じで、エンジン音が何も聞こえません。シマッタ、早い時間に終わってしまったのか、聞こえるのは風の音、鳥の声だけ。稲こぎの様子はあきらめ、棚田を一周して何枚か写真を撮りました。

連絡までもらったのに...肝心の写真がない、ふぅーっ。車に乗って帰途につきました。道の駅、素通りすることの方が珍しいのですが、駐車場の車を横目に通過。時間があるので腰を暖めて帰ろうと北郷温泉へ向かいました。温泉で気持ちよくなったところで帰ろうかと思いましたが、もしかすると午後から稲こぎを始めているのでは、淡い期待を持って棚田へ向かいました。

気持ちは通じるものです。何と、棚田の展望台と駐車場へ分かれる角のところで古澤会長の軽トラとすれ違いました。慌てて車を止めてお聞きすると「一旦戻るところですが、これから始めます」とのこと。下の駐車場に車を止めて電話で話していると、古澤会長が車で戻ってこられたので後を追うように田圃へ。
d0009116_10174655.jpg

近くで見るとこんな感じ
d0009116_1014089.jpg
反対側にまわると...そろそろ籾袋がいっぱい
d0009116_13435886.jpg
がんばる実さん
d0009116_13442656.jpg
久馬さんの愛車?
d0009116_1451796.jpg
何とか稲こぎの風景を手にすることができました。写真がありませんが、このあとは籾袋の回収、竹の片付け、狭い棚田は片付けるのも重労働。運搬車(で、いいのかな?)で田圃から急な畦を管理道へ運び上げ、籾袋は軽トラへ積み替え、竹は運搬車のまま更に上の棚田(保管場所?)の方へ。
こうして棚田のお米は、作り手の春先からの地道な苦労に感謝しつつ、それをおいしい味に変えて恩返ししているのです。黙々と作業をされる作り手の姿に頭が下がります。

先に撮った棚田の風景を
稲刈りの後で雨の日はありましたが、稲は乾燥しているようです。オーナー田の稲もかけ干し直後の葉や茎の緑色が消え、乾燥してすっかり変わっています。
d0009116_10195678.jpg

う~ん!棚田だ。
d0009116_10204468.jpg

豊作を祝う『舞』の始まりを並んで待つ獅子達、秋祭りが始まるように見えるのは私だけ?
d0009116_10215962.jpg

毎回お馴染みのアングル、稲刈りが終わり、彼岸花も終わり...
d0009116_10282945.jpg

そしてコスモスも終わり...
d0009116_10302448.jpg


行くときには気がつかなかった国道沿いのかけ干し、車を止めてパチり。(新桃の木橋)
d0009116_10351534.jpg
手前は橋の欄干、奥の方はガードレールに掛けてあります。

オマケの話。シーンとしていた棚田の帰り、道の駅の駐車場の車が多いなぁと思ったら、上の芝生でゲートボールをやっていました。もしかしてゲートボールのチームは坂元の人たち、だったたりして。

個人的には悲しい出来事がありました、棚田の様子をお届けしていたデジカメが突然こわれました。突然、真っ白な写真が混じるようになりました、何とか今回の写真は確保できましたが。
帰ってネットを調べたら当然故障、同じような書き込みが多数ありました。どの書き込みを見ても修理見積もりは判で押したように新品のカメラと同等かそれ以上。
でも、そんなこととは関係なく早急に手をうたないと.....emoticon-0106-crying.gif

(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2010-10-20 15:03 | 棚田の今 | Trackback | Comments(2)

稲刈り(その2)

稲刈り報告の続きです。

稲刈りにはボランティアの方もたくさん来られました。
d0009116_11583651.jpg
この男性は志布志(鹿児島県です)の方で、「『たなだ日和』を見て来たよ~」と仰っていただきました。ブログの更新を始めて良かったemoticon-0102-bigsmile.gifと思いました。昨年も来られたそうです。お会いできて嬉しくなりました。こういう方が増えて、棚田の保全への理解、意識が高まってほしいと思います。
有田さん、ありがとうございました。収穫祭でまたお会いしましょうね。

このブログを見て、棚田へ行ってみようという人が一人でも増えてほしいなァ、なぁ~んて、駆け出しですが少しは『棚田』に近付けたような気がしました。


稲を束ねる作業
d0009116_1234277.jpg
手刈りされ横たわっている稲、元をつかんで持ち上げても下の方には穂があったり、そのまま縛るわけにはいかないのです。束ねる前に揃える作業も加わり大変でしたemoticon-0107-sweating.gif バインダーは偉大です。

かけ干し終了です。稲の掛け方がちょっとデコボコ?
d0009116_12475235.jpg


既に稲刈りが終わっていた五色米の田圃に芋を蒸かすように準備されていました。蒸かした芋は昼食の時に美味しく頂きました。
d0009116_12513428.jpg


やさし~いお母さん方に準備して頂いた昼ご飯。
おむすび(赤飯、白米)、里芋と筍の煮しめ、煮込みのように野菜もたくさん入った鶏のすまし汁、写真に写っていませんが、たくあんと蒸かした芋もありました。とっても美味しかったです、ごちそうさまでしたemoticon-0142-happy.gif
d0009116_1253196.jpg


この日はコンバインも入っていました。わが『人力稲刈隊』はそのスゴさに感心していました。
d0009116_12553982.jpg

        「すごぉーい」
d0009116_1256148.jpg


文字どおりの露草、キラキラしています。そろそろ季節も終わりです。
d0009116_12563989.jpg


3回目の登場、おなじみのコスモスです。
d0009116_12573080.jpg


ほこ(だったと思いますが...)に止まっている赤とんぼ
d0009116_12585633.jpg

『ほこ』は2m位の棒で、両端が削られて細くなっています。両端に束ねた稲をかけて担いで運んでいたそうです。(家光さんに聞いたほこの話)


棚田は稲刈りに入ったところでした。昨日は雨になりましたが田圃の稲はどうなっているでしょうか。
d0009116_13454973.jpg


(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2010-10-14 13:49 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(2)

稲刈り

10月10日(日)、雲一つない絶っっっ好の稲刈り日和(本当はちょっと暑過ぎ!)となり、オーナーとボランティア参加の稲刈りを実施しました。

前日の雨のせいか、ちょっと参加が少ないかなぁと思う中、9時、棚田保存会の古澤会長の挨拶で始まりです。今年の稲の作況指数は100で平年並みということでした。収量については何となく楽しみが持てそうです。オーナーに田圃を提供されている久馬さんと実さんの紹介や、作業の注意点などを話されて作業となりました。雨の影響でしょうか、田圃は柔らかいところもありました。
稲刈りを開始する頃は畦の草もまだ光っていて、稲も雨の影響が残って重たげです。そんな中、参加者は元気に田圃へ散って行きました。
最初は少なかった参加者も徐々に増え、最終的にはオーナー、ボランティアの方が60〜70名位、それに地元の方、報道関係の方、アマチュア・カメラマンと100名を越す方が棚田に集結しました。

オーナー、ボランティアは主に手刈りとかけ干し作業。オーナー、ボランティアも男衆はかけ干し用の馬を組んでいましたが、その馬は無事にその任を果たせているでしょうか。ちょっと心配...

雨と露をたっぷり浴びた稲
d0009116_23452082.jpg


棚田保存会の古澤会長
d0009116_23455317.jpg


バインダー(知らない人のためにーーー>稲の刈取りと結束を同時にやる機械)
d0009116_23484926.jpg
このマシンのスゴさは手刈りを経験した人にしかわからないと思います。
彼らは仕事が終わって一休み、実さんは仕事中。

頑張って手刈り、子供は腰が痛くならないんだろうか。羨ましい
d0009116_234973.jpg


「もう疲れた〜」「頑張ろうね!」
って、本当は何を話してたんでしょう。
d0009116_23492959.jpg


女の子も頑張ってます
d0009116_23494729.jpg


モチロン大人も頑張ってます。
会長と実さん、後ろで落馬しないか監視かな...
d0009116_23511527.jpg


頑張って終了
d0009116_23513960.jpg


稲刈りに参加されたみなさん、本当にお疲れさまでした。一部の方には食事の後にもお手伝い頂きました、ありがとうございました。
お昼は坂元のやさし〜いお母さん方に美味しい食事をごちそうになりました。ごちそうさまでした、と〜っても美味しかったです。え?写真がないって?そうなんです、お母さんたちの写真がありません。
本当にゴメンナサイ。

すみません、食べることは全てに優先なので、...ってやっぱり言い訳つき
(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2010-10-11 00:10 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(2)

稲穂が待ってま〜す

週末に降った雨が気になって様子を見に行ってきました。
貯水槽の横で、軽トラックで上がってこられた棚田保存会の古澤会長に偶然お会いしました。10日の稲刈りの話をしましたが、「この前の雨の影響は殆どないでしょう、このままいけば大丈夫じゃないでしょうかね」と仰っていました。ただ、今週末も天気予報には傘マークが入っています。てるてる坊主、準備しとくか。

というところで、今日の棚田。天気がイマイチなので写真もイマイチ、天気さえ良かったら...
って、毎回同じ言い訳?
それでは坂元棚田をご覧下さい。

準備万端の稲穂です
d0009116_2204495.jpg

棚田は稲刈りが始まっていました
d0009116_2214622.jpg

先週と同じアングル、一週間でこんなに違います。
d0009116_222786.jpg
彼岸花の兵士どの、お仕事もう少しですから。
d0009116_22226100.jpg

d0009116_222432.jpg
みんな疲れきっているのにまだ元気そうなのがいました

石垣のベゴニア、清掃時に難を逃れたか。
石垣清掃の時は毎回「きれいに咲いてるからかわいそうだよね」って、あちこちで聞こえます。「全部取って」って言われても、打ち合わせたかのようにこれだけは残す人が多いんです、特に女性の方。
d0009116_2231882.jpg


先週と同じアングルのコスモス、彼岸花に変わって主役の座を狙っています。
                ...........でもここの主役は『稲穂(オコメ)』なんですがネ。
d0009116_2234083.jpg

d0009116_2241446.jpg

d0009116_223592.jpg

d0009116_2255539.jpg

d0009116_2263562.jpg

d0009116_226533.jpg
おわかりでしょうが、これはコスモスではありません。で、何? お分かりの方は教えて下さい。


ここからはオマケ

『道の駅酒谷』で買いました。全部で530円、安いですね〜
みかん、地頭鶏の卵、クッキー、ケーキ。って見ればわかりますよね、う〜ん、野菜がない。
d0009116_2271623.jpg

ニュースでも取り上げられていましたよね
まだ?!咲いていた桜(日南ダムの下、222号線沿いの駐車場)  ーダム周辺でも見かけました
d0009116_2273912.jpg

d0009116_2275125.jpg


その横で
見る人に 少しそよぎて 萩の花 (虚子)
d0009116_2282788.jpg


どうです? 少しは棚田の雰囲気がわかっていただけました?
わからない? やっぱり本物を見に来ないと話になりませんよね。
稲刈り、お待ちしてます。

(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2010-10-06 00:08 | 棚田の今 | Trackback | Comments(0)