<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

収穫祭、楽しみです


棚田の近況、近いうちに必ず報告します。という書き出しでおわかりかと思いますが、今日も近況報告はありませんemoticon-0139-bow.gif

収穫祭について...
石垣清掃、稲刈りに協力頂いたボランティアのみなさん、オーナーのみなさん、『収穫祭』のご案内は届いていますか? そして出欠、いえ「出席」の通知は忘れずに投函されましたか? まだの方、忘れないように早めに投函して下さいね。
『収穫祭』は、今年、棚田保全の活動に携わった方(簡単に言うとボランティアで汗を流した方デス)と地元の方との交流を深めるお祭りです。お米を作った棚田で、お客様になるのではなく、地元の方と一緒に準備して、協力してみんなでお祭りを創りませんか。
棚田に感謝し、収穫を祝って、新米を味わいましょう。薪を使い、釜で炊いたお米の味は格別ですよ。

収穫祭でお会いしましょう

(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2010-11-20 23:54 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(1)

こんな写真も

久しぶりです。棚田サミットの報告が間に入ったのでホッとしている「ひこうき雲」です。最近はちょっとバタバタしていて棚田に足を運べません。棚田はどうなっているかと気にしつつ、今日はこれまでに取り上げなかった写真をご紹介します。

- 彼岸花の兵士に守られた田んぼ、ちょっと兵士の数が足りないかも。でも、おかげで今年もしっかり収穫できました。
d0009116_2057222.jpg


- 作っておられた方が手入れが出来なくなり、今年が最後の米作りになったようです。後には栗の木が植えられるそうです。
d0009116_20582561.jpg
何とか維持をしていきたくても、それができないもどかしさ。私たち応援団は保全をうたっても具体的なことは何もできません。どうしていけば良いのでしょうか、知恵を貸して下さい。

- こちらは既に、元は棚田
d0009116_20593869.jpg


- 上の場所に近い、小さな水路。
d0009116_2102185.jpg
よく見ると水路の片側に石垣が。そうです、この石垣の上のシダが生えている所、昔(かなり昔?、ってどれくらい昔?)は棚田だったそうです。今は雑木林や杉林。

- 稲刈りの朝、棚田保存会 古澤会長の挨拶です。少ない!? みんな、早起きしましょうね。
d0009116_21131680.jpg


- 何度見ても、美しい!!
d0009116_21143633.jpg

d0009116_21161978.jpg


ちょっと棚田から外れますが、お隣り北郷町のネタで
- 北郷温泉『サンチェリー北郷』の駐車場横の『足湯』、無料です。
d0009116_21163710.jpg

d0009116_21171457.jpg
棚田の帰りに立ち寄ってみて下さい。
そう、あの時、ここの温泉で腰を暖めました。もちろん足湯ではなく『お風呂』です、年のため。

- 北郷町の『だいだい』と『だいだい・日向夏 ポン酢』
d0009116_21183783.jpg

11月7日、北郷町温泉観光協会の主催で『だいだいの収穫体験』が行われました。その時のお土産です。ポン酢はHPのお取り寄せにも入ってま〜す、リンクからどうぞ。
自分で作ってみたい方へ、超かんたんレシピ
 ①醤油:②北郷町のだいだい:③みりん を 5:4:1 で、あわせます。
 味はみりんで加減して下さい。
北郷町のだいだいは、元々は日向夏を栽培していた所に植えられています。その日向夏は、毎年、猿の被害にあっていました。そのため猿の食べない『だいだい』に切り替えられていったのだそうです。
ところでお正月の鏡餅の上(しめ飾りも?)、今はみかんが主流になっていますが、元々は『だいだい』を飾り『代々栄える』という縁起をかついでいたものです。でも、そのためには『だいだい』が載せられる大きな鏡餅が必要、そっちが問題かも...。

最後は酒谷に戻って...
- 道の駅『酒谷』で買ったキィウィ、食べ頃を迎えて最後の勇姿?
 もうその姿はありません...
d0009116_21192775.jpg



いかがでしたか?、いつもとちょっと違った雰囲気、になっていたでしょうか。
棚田の近況はまた近いうちに。

(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2010-11-15 23:10 | 棚田の今 | Trackback | Comments(1)

第16回全国棚田(千枚田)サミット(2日目)

サミット2日目は、棚田見学会があり、「石部の棚田」を見てきました。
では、少し石部の棚田の紹介。

 この石部の棚田は、前回書いたとおり、過疎・高齢化などでほどんどが耕作放棄されていたのを、住民が立ち上がり、平成12年から4haを復旧したものです。
 平成14年からは、棚田オーナー制度を導入し、100組以上が参加しています。このオーナー制度には、オーナー会員とトラスト会員があり、農作業を体験したい方はオーナー会員を、農作業にはなかなか参加できないけど棚田の保全等に支援したい方はトラスト会員がお勧めみたいです。
ちなみに、オーナー制度は年会費35,000円で特典が棚田米20㌔、トラスト制度は年会費10,000円で特典が棚田米5㌔です。
 なお、企業や大学などが棚田保全運動を支援する「一社一村しずおか運動」を展開し、多くの企業や学生ボランティアとの都市農村交流が活発に行われています。


d0009116_12324446.jpg

棚田の上部から見た風景。駿河湾を眼下に真ん中の奥に見えるのが富士山です。絶景でした。


d0009116_1233982.jpg

休憩所では、伊勢海老の味噌汁が振る舞われました。


d0009116_12332513.jpg

りっぱなトイレ付き休憩所。うちの棚田にもほしい。


d0009116_12381011.jpg

1枚の田の面積は、小さく不整形でした。農業機械の使用が困難そうです。


d0009116_12335128.jpg

1枚の田の面積が小さいため、オーナーは1枚の田を管理できます。


d0009116_12343112.jpg

リアルな案山子でした。本物と間違えそうです。


d0009116_12345091.jpg

茅葺の水車もあり、棚田にマッチしてました。


d0009116_1235947.jpg

積み上げられた石の大きさが不揃いですが、きれいな石垣です。


d0009116_16263177.jpg

静岡名産「桜餅」の桜葉がたくさん栽培されていました。



 棚田見学を終えて、よくこれだけの復旧できたなと地元住民やボランティアの苦労に感服しました。地元を愛し、棚田を愛する心が伝わってきます。ボランティアの受け入れ体制も充実していて勉強になりました。
 どこの地域も高齢化・担い手不足は深刻で、地域だけでは守っていけない時代になり、坂元棚田も近い将来その問題に直面するでしょう。いかに支援していく体制を充実していくか、今後の大きな課題になっています。
 棚田は、単に生産の場ではなく、国土保全・水資源かん養等の多面的機能、教育・体験の場、新たな地域産業の場でありますので、皆さんと一緒に次世代にこの美しい棚田が残せるようにしていきたいと思います。


 次の全国棚田(千枚田)サミットの開催地は、徳島県上勝町になっています。皆さんも是非参加して頂きたいと思います。
[PR]
by tnd8585 | 2010-11-09 17:21 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(0)

棚田、今日は...

棚田は残っていた馬(獅子)たちがいなくなっていました。稲(穂)と呼ばれていたお米たちは全て籾になれたようです。もう玄米・白米になった子たちもいるかもしれませんが。一部の田んぼには馬を解体した竹や藁がまばらに残っていて、もう一仕事必要なようです。
今日は、上の駐車場に車を止めて棚田を一周。上の道で棚田を横切り、東側の道を下ります。下の駐車場を東の方へ入ったあたりまで下りた所で、古澤会長と出会いました。米の出来具合、米価の下落、米の消費の落ち込み等々、色々な話をお聞きしました。これから田んぼに残された藁を片付けに行かれるとのことでした。
話はコレくらいにして今日の棚田、でも大きな変化はなかったので棚田の構成員たちの紹介、天気はイマイチでした。

- いつも棚田を見張っている展望台、を眺めてみました。
d0009116_2353386.jpg


- 役割を終えてお疲れの案山子、倒れそう。
d0009116_23541069.jpg


- 畦で休憩中、「何だ?コイツ」って思われたかも。
d0009116_23544189.jpg


- 季節はずれのアジサイ
d0009116_018910.jpg


- すすき、定番でごめんなさい...
d0009116_2358836.jpg


- 最後の頑張り、カンナ園
d0009116_2358465.jpg


- 貯水槽、半分狙って、半分偶然にとれた『水』
d0009116_23591721.jpg


- ハル子ばあちゃんの畑、ずいぶんキレイになってます。
d0009116_23593383.jpg


- ジンジャー(花縮砂)
d0009116_23595326.jpg


今日の戦利品
- 道の駅『酒谷』で、ゆず、キーウィ(食べ頃迄2週間?、待てるかな)
d0009116_001535.jpg


- 無人販売、思わずクルマを止めて買ってしまった...
d0009116_004410.jpg

- 実物より大きく見える
d0009116_005919.jpg


それから、
ハル子ばあちゃんに貰ったトウガラシ、ちゃんと干してます。
d0009116_021054.jpg



畦の草も少し枯れ始め、寒い季節が近付いています。棚田は作業が終わり、シーンと静かな季節。でも、街中はクルマの音、建設機械からの様々な音、スピーカーの声、人のざわめき、道路や建物に反射されたそれらの音で溢れています。
棚田は山や空とともに音を吸い込み、人工的な音が消されます。その中で『風のささやき』『鳥のさえずり』を聞いてみませんか?

(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2010-11-06 00:29 | 棚田の今 | Trackback | Comments(3)