<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「元気です!棚田」その2

今夕、新燃岳、再び爆発的噴火。上空の風は高原、都城にとっては少しホッとする方向のようです。風下にあたる地域の方、相手は自然です、気をつけてくださいね。

さて、たなだの様子、先日の続きをご紹介します。春に向かって準備中、みんな揃って明るい春を迎えたいですね。まず約束の棚田に戻った鳥をご紹介しましょう。

警戒されて近づくことはできませんでした、限界です。
d0009116_230060.jpg
ヒタキの仲間?ホオジロ?

畑の方にも出没しています、実際にはもっと多いんです。
d0009116_230293.jpg
あ〜ぁ、キンカン、台無し

田んぼ
d0009116_2305539.jpg
これだけでもいい色です

ここでも元気に育っています
d0009116_2312693.jpg
野菜は強いんです

ここから、春を思わせる明るい色を少し
菜の花、何の花でしょうか
d0009116_2342787.jpg
少し色が薄いかな

こんな花もあります
d0009116_2345142.jpg


上の管理道沿い
d0009116_2351337.jpg
もう準備しているんですねぇ

カンナ園の片隅に
d0009116_2353478.jpg


下の方で見た梅
d0009116_236422.jpg
実がなるのを楽しみに。。。

この田んぼ、覚えてますか?
d0009116_2362979.jpg
そう、去年で米作りは最後、と言われた田んぼです。また、お米が作られるのでしょうか、ここで稲穂に会えるといいですね。

ごらんのように田んぼのあちこちで春の準備が始まっています。新燃岳の灰に負けることなく頑張っています、今年も応援よろしくお願いします。
そして今までブログを中心に棚田を見ているあなたへ。棚田に足を運んで、直に、目で、耳で、鼻で、そして肌で『たなだ』を感じてみませんか。きっと新しい発見があると思います。

もう一歩進んでオーナーになってみようかな、と思った方は。。。→平成23年度坂元棚田オーナー募集

(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2011-02-18 23:47 | 棚田の今 | Trackback | Comments(0)

元気です!棚田

新燃岳、一昨日の爆発的噴火からはおとなしい。でも自然相手だから油断は禁物。
2週間過ぎてどうなっているだろう、今日は降灰はない!と決めて2週間ぶりの『たなだ』へ。
黒潮ロードの山中、路肩の灰は清掃、片付けられたのかほとんど目につきませんでした。

まずは『道の駅 酒谷』で腹ごしらえ。
d0009116_2213584.jpg
手打ちの『棚田そば』、収穫祭で食べた蕎麦のように鶏のダシがよくきいた蕎麦つゆでした。

今日は上の駐車場にクルマを止めました。水槽の横から棚田へ出ます。薄曇り? 日差しも弱く『いい天気!』とは言えないけど景色の色あいが違います。
冬になって草が枯れ、茶色っぽい景色で寒々しさがあったところへ、火山灰の襲来で文字どおり灰色の景色へ。でもたなだの自然も強い、春へ向けて着々と準備中です。

灰を被った位では植物は簡単にはめげませんでした。
d0009116_22155892.jpg
株の周りの雑草やレンゲが伸びてきて、春を待つ田んぼの顔をしています。

積もっていた灰はもう見えません
d0009116_22161764.jpg
ここも石垣に枯れた草が見える、今頃の田んぼの顔です。

灰にも負けず、背丈を延ばしてきたレンゲ。花も開き始めています。
d0009116_22172318.jpg
れんげ色に染まるのはもう少し先

いつもの所
d0009116_22174359.jpg
元の顔に戻りました

畑にも野菜たちが戻っています
d0009116_2218675.jpg
道の駅に並ぶかな?

いつもの小松山をバックにした棚田の上のほう
d0009116_22184481.jpg
枯れた草が目立つフツーの棚田の冬の顔、それだけで嬉しくなります


棚田はいつもの元気な姿に戻りつつあるようです。
降灰で姿を消していた鳥たちも戻ってきていました。その姿は次回に。
(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2011-02-13 22:31 | 棚田の今 | Trackback | Comments(2)

平成23年度の棚田オーナーを募集します

こんにちは
最近では、新燃岳噴火の降灰による被害、幸い日南での発生はありませんが鳥インフルエンザなど、気が気ではない毎日が続いています。
改めて自然に大して人は無力だと感じているところですが、被害対策について頑張っていきたいと思います。

さて、下記とおり、平成23年度のオーナー募集します。
現オーナーの方も再度、申し込む必要があります。
オーナーさん、昨年ボランティアをされた方へは、申込書を発送しましたので、よろしくお願いします。


≪平成23年度坂元棚田オーナー制度募集要項≫

1.募    集   オーナー35組を募集します。
            (1オーナー当り1アール)

2.年 会 費    35,000円 (1年更新)
           ※年会費の内、5,000円は棚田保全協力金として頂きます。

3.特   典   ①収穫した棚田米一俵(白米約25kg)                                                   ②地元農産物の発送(12月・3月)                                                     ③農家との収穫祭に招待(12月)    

3.募集期間   平成23年2月15(火)日~3月10日(木) 

4.応募方法   坂元棚田オーナー制度申込書及びオーナー意向調査(アンケート)にご記入の上、下記
           の日高茂信まで提出してください。郵送でも可(3月10日消印まで有効)。
           意向調査(アンケート)にて確認を行い、オーナーを決定します。

5.資料請求   申込書については、日南市農政課まで直接取りに来ていただくか、都合がつかない場合
           は下記まで請求ください。申込書を送付します。    

(資料の請求先及び各種お問い合わせ) 
 ①宮崎県日南市大字酒谷乙6729-1 
  坂元棚田保存会 オーナー班長  日高茂信  電話・FAX 0987-25-0355



 by事務局2
[PR]
by tnd8585 | 2011-02-09 09:46 | 棚田オーナー募集 | Trackback | Comments(0)

灰はまだ降り続いて。。。

新燃岳はいまだに活動中、棚田にも降り続いているでしょう。宮崎市方面が肩代わりして灰を受けられるのは風向きがちょっと変わった時だけ。自然は厳しく、被害を均等に分け合えません。

これも黒潮ロード
d0009116_2348354.jpg
前方が霞んで見えません

棚田の砂塵ならぬ『灰塵2』
d0009116_235244100.jpg
この中で農作業、なんか出来そうにありません。

同じく『灰塵3』
d0009116_00925.jpg
水槽横から下の方

鳥は声を聞くこともなく、ほとんど見かけることもないのに、『灰塵』の中を頑張って飛んでいるところを見かけました
d0009116_015460.jpg
ゴーグルなしで目に灰は入らないのかな

この日は寒く、昼過ぎでもオーナー畑の小さな水槽は。。。
d0009116_054443.jpg


噴火は当分続きそうです。『たなだ』は今年も元気にお米を作ってくれるでしょうか。

オーナーの方、今年の申込書は届きましたか? 今年もオーナーを続けましょうね。
また、オーナーではないけど、このブログをご覧頂いている方、オーナーになってみませんか?
お知り合いの方が坂元棚田のオーナーでしたら声をかけてみてくださいね。そういう知り合いはいない、という方は、オーナー班長の日高茂信さんに連絡してください。きっと皆さんからの連絡を待っていますから。

『たなだ』を見ているから、一歩進んで棚田に足を踏み入れてみませんか。
(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2011-02-09 00:28 | 棚田の今 | Trackback | Comments(1)