<   2011年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

たなだ


今日も上の駐車場からです。一周するので、棚田の上り下りは同じですが、なぜか上がってしまいます。
帰りが下りの方が楽かもしれないのですが。


水槽横の八重桜、まだまだきれいです。
d0009116_2324193.jpg
d0009116_23242844.jpg

桜には青空が似合います
d0009116_23244475.jpg
ゴールデンウィークが最後でしょうか


水槽には八重桜の花びらが浮かんでいます
d0009116_2325915.jpg
でも、ちょっと片寄りすぎかな。

水槽の水位は7割程度でしょうか。
d0009116_23253919.jpg
時おりホースからの水が一瞬詰まったように止まり、水の描くアーチが切れていました。
d0009116_23261456.jpg
水槽へ流れてくる水は十分出ているけど、途中の流れが悪くなって時々途切れている、
ということであればよいのですが。


水槽前のカンナ園、新芽がかなり出始めています。
d0009116_23324938.jpg


こちらは水槽から管理道を少し下ったところの八重桜、
もっと見てほしい、と思っています。
d0009116_23265420.jpg
こちらの方が花がきれいかな


オーナー田、レンゲがまだきれいです。
d0009116_23271192.jpg



畑には夏野菜
d0009116_23275125.jpg
茄子とピーマン、残りは何が植えられるのでしょう。

こちらはオーナー畑、まだ菜の花が。。。
d0009116_23385027.jpg
おやおや〜、管理道路側にオリーブの苗が2列にわたって植えられています。今度福永さんに聞いてみよう。


ダムは水不足、棚田はどうなのでしょうか。
気象庁のデータ(たぶん酒谷キャンプ場付近=棚田に近い)では、23日は40.5mm、27日は21.0mmの降水量が記録されました。ただし油津(沿岸部)では23日13mm、27日10.0mm早期水稲の田んぼはどうなのでしょう。

今日は、管理道を下った所までで終わりです。
また見てくださいね。
(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2011-04-29 23:46 | 棚田の今 | Trackback | Comments(0)

こいのぼり


今年も日南ダムの空にこいのぼりが泳いでいます。
棚田オーナー班長の茂信さんが会長をしている『やっちみろかい酒谷』のメンバーが揚げました。
ゴールデンウィーク終わりの5月8日まで泳いでいるようです。
春の棚田と合わせて出かけてみるのはいかがですか?

こいのぼりを揚げたのは24日、残念ながら棚田に行ったのは23日でした。
ダムのこいのぼりはありませんので、棚田のこいのぼりと道の駅酒谷のこいのぼりを二つ。

棚田展望台のこいのぼり
d0009116_14234482.jpg
道の駅酒谷のこいのぼり
d0009116_14145567.jpg
店の中で泳いでいました
d0009116_14151483.jpg
                   この記事が読まれている頃は、おなかの中を泳いでいるかも。。。


え? 棚田のレポート?、そうなんです。
考えてみたらこの記事を書く前に準備しないといけないんです。
(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2011-04-26 14:27 | 棚田の今 | Trackback | Comments(0)

日南ダム


d0009116_133276.jpg

夜中の雨は上がりました。朝はどんよりとしていた空も徐々に明るくなって、よい天気になりました。久しぶりに棚田へ向かいました。途中、日南ダムの『視察』へ。止まっていると思っていた放流は、今日は行われていました。
d0009116_1335545.jpg
d0009116_139771.jpg
放水の先の方、虹が見えますか?

ダムの堤に目盛りがあります
d0009116_134228.jpg
これは水位計?、108mまでは読めますが。

ところで最初の写真、石版の文字、覚えてますか?
常時満水位=107.30m
堆 砂 位=104.40m

※常時満水位
=平常時最高貯水位=洪水でない時にダムに貯水することができる最高の水位で、利水容量、死水容量、堆砂容量の組み合わせで決まる貯水池容量に対応する貯水池の水位で渇水と洪水の時期以外はこの標準水位に保たれます。

※堆砂位
=最低水位=貯水池からの取水口の計画上の最低位置でこれより下の貯留水は使用しない位置であり、最低水位以下の容量は堆砂容量あるいは死水容量として確保し、通常の利水計画では利用することはありません。

(滋賀県ホームページ > 滋賀の治水ダムのページ > 絵付きダム用語解説集 より)

う〜ん、あまりよく分かりませんが、堆砂位とは、要するにその位置より下の水位では放流できないということのようです。そう、日南ダムは限界にきているんです。

湖底が出ている所があります
d0009116_1343718.jpg
d0009116_1382633.jpg
上流側、若干少ないけど、まだ大丈夫みたいに見えるのに。
前の説明で、最低水位と満水位の差は約3m、それくらい下がっているんでしょうね。

『水』の影響は田んぼの話だけではありません。日南市には製紙工場があり、減産を余儀なくされています。
農業だけでなく、工業にも影響が出ているのです。
この後、どんな対策があるのでしょうか。


棚田の様子は、今度お伝えしま〜す。
(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2011-04-24 02:00 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(0)

ダム、やっぱり。。。


先日報告した日南ダム、ついに貯水率ゼロの『枯渇状態』、昭和60年にダムが完成して以来、始めてのことだそうです。下流で農業用水と工業用水が不足したため、今月4日から緊急放流が行われた結果です。ダムの底に残った本来は使われない「死水」から放流が続けられているようですが、まとまった雨が降らなければ、この水も数日で底をつくということです。
田植えの終わった早期水稲はどうなるのでしょう。
山の湧き水を使っている棚田、今年必要な量を山が蓄えてくれているといいのですが。
(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2011-04-22 23:18 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(2)

大変なことが。。。


d0009116_22111790.jpg


棚田のノンビリした眺めの陰では大変なことが

日南は晴天続きで水不足です(宮崎県、実は日南に限らないのですが)。県南では早期水稲の田植えが終わっていますが、田んぼを維持する水、農業用水が不足しています。通常はダムの水を放流して充てるわけですが、そのダムの水が干上がり始めているのです。道の駅酒谷のすぐ下、日南ダムも放流量の3回目の削減が決まりました。しかし、雨が降らないので削減も焼け石に水の状態。今のまま放流を続けると、今回決まった削減では緊急放流を1日程度しか延ばすことができず、22日頃には枯渇状態になるようです。
棚田は小松山からの水が命です、放流するところはありません。棚田の田植えまで、あと2か月足らず、こちらは大丈夫なのでしょうか。

自然相手に何もできない私たち、何とか雨を待つしかありません。
(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2011-04-19 22:24 | 世の中の出来事 | Trackback | Comments(0)

たなだは黄色からピンクへー2



今回は桜吹雪で始まりです!
d0009116_13502383.jpg
そうです、下の駐車場のすぐ近くの桜です。
下の管理道沿いの実をつけた梅の木から少し離れた所で見ることができました。写した画像を見て、次は花びらの形がわかるようにとシャッタースピードをもっと高速にして待ちました。しかし、自然相手にそううまくはいきません。これが撮れただけでもラッキー!

これが桜吹雪の元、桜吹雪を撮った方向とは逆方向(下の駐車場側)からの写真です。
d0009116_13504538.jpg
ちょっとトンネルっぽいでしょう

トンネルを抜けて水槽の方へ
オーナー畑、菜の花がいっぱいです
d0009116_1351826.jpg
これは『菜種油』になるのかな

反対側の畑、こっちの菜の花は? 葉ものが成長しすぎて花が付いたのかな?
d0009116_1351354.jpg
この後、夏野菜は何が植えられるのでしょうか

オーナー田もレンゲがいっぱいです
d0009116_1352497.jpg
レンゲの中に寝っ転がる(こんなことするのは大人だけでしょうね)
ぶん、ぶん、ぶん、ぶ~ん、ぶ~ん ミツバチの羽音がすごいんです

一周して水槽のところ
d0009116_13523262.jpg
実さんのカンナ園です。カンナみたいにたくさんではないけれど、花が咲いてて季節は春!
これからカンナが伸びてくると雨量計も見えなくなってきます。
d0009116_13525481.jpg
準備中のカンナたちです


〜棚田や周辺にある花や木から〜

これは上の棚田の畦で見つけた、白いレンゲ
d0009116_13532168.jpg
あまり見かけることはないですね、いいことがあるかな。

これも上の棚田、山際の畦で見つけたアザミ
d0009116_13535352.jpg
徐々に住む場所が少なくなっているようで都市部ではほとんど見かけなくなりました

これは坂元地区の入り口付近?になる道路沿いの八重桜
d0009116_13542038.jpg
集落内は道路沿いの桜が目につきます

道の駅の枝垂桜
d0009116_1354443.jpg
棚田まつりの日は影が薄かったのかな

こちらは芝生広場への遊歩道沿いにあります
d0009116_1355933.jpg
葉も出始めていますが、まだまだ花もきれいです。

日南ダムの近く、道の駅から国道を下っていく途中の斜面の桜
d0009116_14213679.jpg
d0009116_13553126.jpg
そろそろ桜も終わりだけど、今年の桜は息が長い

ということで、厳選?した写真をご紹介しました。
ということは、厳選されてない写真があるということです。


ところで、今年のオーナー会員はどうなったのでしょうか、まだ連絡がありませんよね。
少しでもオーナーが増えているといいのですが。
(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2011-04-16 15:38 | 棚田の今 | Trackback | Comments(2)

棚田は黄色からピンクへ


棚田まつりから2週間、棚田はどう変わったでしょうか。
あんなに咲き誇っていた菜の花がそろそろ終わり、棚田はれんげ色に染まっています。

水槽近くの棚田
d0009116_11222232.jpg
奥の方はれんげが刈りとられていますが、れんげはもう一度出てきます、って聞きました。
本当かな。。。覚えていたら確かめます。

今年はどうなるのか、水槽横の棚田です
d0009116_1130535.jpg
水槽の側の八重桜
d0009116_11311573.jpg
みんなクルマの中から見るだけ。クルマを降りて戻って見る人はほとんどいません。
もっと見て欲しいのに。

今日は上の駐車場から、あまり足を運ばない棚田の一番高い方へ。
棚田最上部(本当は一枚下?、最上部からは下の方が見えませんでした)からの眺めです。
d0009116_11315685.jpg
d0009116_11323744.jpg
棚田の一枚一枚を捉えて、全ての棚田の面を写すのは無理。
カメラはどんなに進歩しても、人間の目で見たとおりを再現することはできないと思います。
d0009116_1133157.jpg
写真真ん中から右よりの白い花、下の駐車場を出てすぐのところにある桜。
両側の他の木々と合わせてトンネルみたいになってます。

少し下がっていつものとこ
d0009116_11333710.jpg
ちょっと角度を変えると一面のれんげ
d0009116_11342293.jpg
かかしさんの後ろもピンク色
d0009116_11344236.jpg


下の管理道沿いにある梅
d0009116_1135139.jpg
寒そうだった梅の木、暖かくなってきて緑を身につけ始めました。

『実!』
d0009116_11352188.jpg
赤くなって道の駅に並ぶのはいつ?


というところで、今日は、終わりです。
え?、そうです!、まだ続くんです。

それでは、また見てくださいね。
(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2011-04-14 12:04 | 棚田の今 | Trackback | Comments(0)

棚田まつり−その3


祭りから10日過ぎてしまい、話題が旬でなくなってしまいました。前回は宮大の竹下先生の話でした。
でも、ひこうき雲の記事は棚田の様子がメインなので、今回は棚田まつりの時の棚田の写真を中心に。


まつりの日、先生の話の後でいつものように棚田を一周り。水槽の横から管理道を下りて行きました。
オーナー畑、福永さんが畑をきれいにされてました。覗いた時は、焚き火で休憩中でした。
d0009116_2212079.jpg
雨が降らないからと菜の花にスプリンクラー、ではなくフツーの散水ノズルで水撒き中。

ところで、菜の花からは、とっても美味しい極上の『なたね(菜種)油』が採れます。
でも、どの菜の花からでも採れる、というわけではありません。

下の方に行って、梅の木のところ。2週間ですっかり様子が変わっていました。
d0009116_22124076.jpg
d0009116_2213927.jpg
いよいよ梅の実への準備です!

東の管理道へ入ってオーナー田を見上げました
d0009116_22134166.jpg
春っぽくていいですね〜、これで空の色が青ければ。。。

かかしさん
d0009116_2214354.jpg
いつもと違う角度、菜の花がきれいです

真ん中付近、いつものとこ
d0009116_22142961.jpg
ブログのロゴ画像(って言うんだって)と同じ季節。
ブログ右上の『宮崎県日南市の坂元棚田について』の写真

おや、水槽の方向、棚田ウォーキングのおもてなし本部です。
d0009116_2215669.jpg
集まってますね、ウォーキングの参加者が引き上げて休憩中?。。。

上の管理道
d0009116_22152720.jpg
ここは脚光を浴びるのが年2回、菜の花とコスモス。って勝手に決めましたが。。。

ようやく水槽のところへ戻って
d0009116_22155733.jpg
この田んぼが次に脚光を浴びるのは田植え

水槽の近く、おもてなし隊はお昼です。ウォーキング参加者へのおもてなし、ありがとうございました。
d0009116_22162510.jpg
みのるさんとれいこさんはおもてなし隊へのおもてなし。
『実さん、(道の駅に)戻らなくていいの?』「(道の駅から)歩いてきたから、もういいわ。帰りはクルマ」


棚田から道の駅に戻りました。ステージイベントが中止になったためか、昼過ぎには物販のコーナーは一息?
d0009116_22165922.jpg
午前中の賑わいとは。。。
坂元地区の山菜の天ぷら(その場で揚げたて!)は売り切れでした。
d0009116_23933.jpg
(午前中の様子)


そろそろ片付けに入るのかな。
 ん? 柄杓でステンレスのボール(ボウル?)をたたいて、踊りながらテントに近づいて来るのは誰?
写真を撮らせてもらおうと肩を叩いたら、驚いたのか逃げられてしまいました。残念!!
d0009116_22175227.jpg
逃げてった後、余った山菜を持ってるハル子さん。

そろそろお開きに近づいた道の駅
d0009116_22182593.jpg
上の芝生広場まで車が入ってます。


棚田まつりが終わり、田んぼの活動期に入ります。今年は雨が少なく、田植えが終わろうとしている早期水稲はピンチ、苗も寒さが続いたので元気がなさそう。普通作の棚田はどうでしょうか。
オッとその前に、今年の棚田オーナー、決まったのかな。。。

また今度、すっかり暖かくなった棚田の様子をお伝えしま〜す。
(by飛行機雲)
[PR]
by tnd8585 | 2011-04-07 23:18 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(1)

棚田まつり−その2



d0009116_234951.jpg
棚田まつりの報告、続きです。

宮崎大学の先生が参加した訳、それは棚田の研究を委託されたからです。

『坂元棚田 ~文化的景観の取り組み~
日南市では、坂元棚田の重要文化的景観の選定の申出に向けて平成23年度に坂元棚田の保存計画を策定するため、平成21年度から棚田及び坂元地区についての保存調査を実施しています。平成22年度は、住民への聞き取り及び生活実態について、また、棚田の土木技術的特徴および飫肥杉林の水源林機能の評価について、宮崎大学に研究委託しました。また、坂元地区の方々の御協力を得て、坂元棚田とその周辺の自然環境調査を実施しました。棚田に水を引く水路や集落内の道について、また、林業と棚田の暮らしについてなど、坂元地区の方々からいろいろなお話を伺いました。
(以下略)』
当日の資料『坂元棚田の文化的景観 – 現地説明会資料 坂元棚田まつり~棚田ウォーキング 
/日南市教育委員会』より

水槽近くの棚田、休憩の後、ウォーキング参加者へ資料を使っての説明です。
講師は、宮崎大学農学部森林緑地環境科学科の竹下先生です。

ウォーキングの参加者に棚田の成り立ちを説明されています
d0009116_22105346.jpg
竹下先生、昨年10月に開催された気候講演会では
『宮崎の農業への気候温暖化の影響』というテーマで講演されました。
お顔を見た時に、どこかで。。。と思っていました。(思い出せてよかった)

こちらは棚田に必要な水の話
d0009116_22114947.jpg
「向こうに見える尾根の下の谷から水を引いて。。。」と水源の説明


棚田の理解者が少しずつ増えていく、とってもよいことだと思います。
今の棚田を『棚田』として残していく、現状ではとても難しいのが現実だと思います。でも、手遅れにならないうちに解決へ向けて進まなくてはいけないのです。
『重要文化的景観の選定』が、棚田にとって良いことでありますように。

報告はまだ続きます(引っ張るつもりではないのですが。。。)
(byひこうき雲)
[PR]
by tnd8585 | 2011-04-01 00:00 | 私たちの取り組み | Trackback(1) | Comments(2)