<   2012年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

カンナ

(その6)

d0009116_1031825.jpg

棚田では、カンナが咲いています。
実さんが、棚田を楽しんでもらいたいと思い、
カンナを植えています。
国内にある全てのカンナを咲かせたいと取り寄せられ、
植えています。とてもきれいです。
でも、決して、取っていかないでくださいね。
d0009116_10321959.jpg


d0009116_10323573.jpg


道の脇には、既に秋の主役コスモスが次の番をねらって
コツコツと準備を進めていました。
d0009116_10325019.jpg

[PR]
by tnd8585 | 2012-06-30 10:36 | 棚田の今 | Trackback | Comments(0)

あたりまえですが・・・

(その5)
この写真は、6月23日現在の日南市内の
ごく普通に見られる平野部の田んぼの姿。
見えづらいですが、穂が出ています。花が咲いたかは不明。
d0009116_10264258.jpg


この写真は、6月23日現在の
田植え後、1週間の坂元棚田の稲の状態。
d0009116_10285384.jpg



6月17日にオーナーの田植えを行った。
当然、坂元棚田は、普通作水稲であるため、
6月中旬に田植えをする。

しかし、ここ日南市(宮崎の沿岸地域)では、
圧倒的に早期水稲地帯である。
3月に田植えを行い、今は、出穂期の終わりかけで
7月の中下旬には稲刈りが始まる。

だから、この時期は、日本の稲の品種改良の
技術を感じることができる。

太古の昔から、日本人が稲と生きてきたから
できる技なのか・・・。

この時期の違いを見れることだけでも
徳だと思う。
[PR]
by tnd8585 | 2012-06-30 10:29 | 棚田の今 | Trackback | Comments(0)

水路・・・・

(その4)

d0009116_108670.jpg

雨の中、水路だけが活動しているという感じがする。
棚田の静寂の中、水路を落ちる、流れる水の音だけが聞こえる。
この水は、当たり前でない。もともと棚田の水は、足りない。
だから、小松山の谷2つから水を引いている。
それでも十分ではない。
田植えの準備時期は、水をお互い協力しながら、
水が来るのを待っている。
貴重なのである。
この水でおいしい棚田米ができる。
だから尚更、貴重です。

いつもの水路の風景ですが、やっぱり見とれてしまいます。
d0009116_108267.jpg


上から水路を見下ろすと、1本の線に見える。
d0009116_1081056.jpg

[PR]
by tnd8585 | 2012-06-30 10:15 | 棚田の今 | Trackback | Comments(2)

新しい風景が・・・

(その3)

d0009116_957086.jpg

展望台に行く阪道は、杉林の中を通り抜けていく。
しかし、何かが違う。途中、杉林が伐採され、棚田が
木々の間から見えるところが出現した。
これまで、何十年も手入れした杉林が伐採の時期を迎えたため、
木材として出荷されたようだ。棚田で林業を営む石灘さんの
山だったようです。
棚田で農業、林業を営みながら、頑張っておられる。
[PR]
by tnd8585 | 2012-06-30 10:06 | 棚田の今 | Trackback | Comments(0)

その山の名は・・・・

(その2)

d0009116_9433844.jpg

展望台から見ると、棚田は山の中腹に位置する。
二次元的に見ると、高い壁に棚田が張り付いているみたいだ。
やさしさ的に見ると棚田は、山(お母さん)に抱かれているみたいだ。
当然だが、坂元棚田は、この山がなければ、存在しない。
棚田には、水が必要。山の谷に集められた雨水をせき止め、
水路を造り、棚田に導いている。
使われている谷は、2つ。水路の延長は、2kmと聞く。
山の斜面に作られているので、自然的高低差を利用し、水を
上の田んぼから順に下の田んぼへ導いている。
斜面だから、日当たりも十分である。

そう、坂元棚田の共存相手である山の名は、

小松山(標高989m)
[PR]
by tnd8585 | 2012-06-30 09:54 | 棚田の今 | Trackback | Comments(0)

ノスタルジー(郷愁)・・・

d0009116_9334023.jpg


(記事をいくつか、まとめて掲載するよ)

(その1)
この杉丸太を2つに割っただけのベンチ。
あいにくの雨ですが、木陰付きのベンチに梅雨明けに
座ってみたくなりませんか。
○分県の焼酎「い○ちこ」、「○階堂」の宣伝に
似合う風景。
であれば、日南の焼酎の宣伝に使ってもらえないだろうか。
おそらく、棚田保存会の古澤会長に相談してもらえれば、
ロケ撮影は、OKだと思います。

このノスタルジックな風景で私も焼酎グラスを傾けてみたい。
でも、飲んだら帰れないので、私の永遠の夢か・・・・・。


(その2)

d0009116_9433844.jpg

展望台から見ると、棚田は山の中腹に位置する。
二次元的に見ると、高い壁に棚田が張り付いているみたいだ。
やさしさ的にみると棚田は、山(お母さん)に抱かれているみたいだ。
当然だが、坂元棚田は、この山がなければ、存在しない。
棚田には、水が必要。山の
[PR]
by tnd8585 | 2012-06-30 09:47 | 棚田の今 | Trackback | Comments(0)

雨です・・・・

d0009116_12242346.jpg


 6月は、梅雨。ずっと雨しか見ていないような気がする。
でも、これだけ雨にとけ込んだ棚田を見れば、雨姿の棚田も
趣がある。

展望台に上がり、棚田を見てみる。
いつもの棚田だ。変わらない。
だから良い・・・・。
d0009116_12243947.jpg


耳を澄ませば、雨音と水路を流れるせせらぎの音。
ザーッとしか聞こえない。
d0009116_12245128.jpg

他に邪魔する音はない。
静かにたたずむ棚田です。

[PR]
by tnd8585 | 2012-06-26 12:29 | 棚田の今 | Trackback | Comments(0)

梅雨に似合う花(棚田編)

棚田も、あじさい満開です。emoticon-0100-smile.gif

d0009116_10364517.jpg


水面に雨粒が落ち、波紋をつくり、それを静かに見まもるあじさい達・・・風情がありすぎる
d0009116_1035052.jpg


雨が地面に落ちる音に耳を傾けるあじさい達・・・
d0009116_10351542.jpg


ちょっと寂しそうで・・・・見ていると傷んだ心を洗い流してくれるあじさい達・・・
d0009116_10354577.jpg


この風景があるから、梅雨が受け入れられる。ありがとう、あじさい達・・・
d0009116_10362765.jpg


どこか笑っているようでもあり、楽しそうでもある、あじさい達・・・
d0009116_10372367.jpg


棚田の稲達も、この梅雨を楽しんでいるだろう。何もかもが癒してくれる・・・・
[PR]
by tnd8585 | 2012-06-24 10:48 | 棚田の今 | Trackback | Comments(0)

梅雨に似合う花(沿道編)

梅雨・・・・つゆ・・・・ツユ・・・・emoticon-0156-rain.gif
d0009116_10264512.jpg


洗濯物は、乾かない・・・・・・

ジメッとして、なんだか、気分も湿りがち・・・・・

そんなとき、やっぱり、癒してくれるのは・・・・・

坂元棚田のある坂元地区は、ちょっと前から

道沿いに、あじさいを植栽する取り組みをしています。

日本の季節をあじわいながら楽しんでほしい。

そんな気持ちから、取り組んでいます。

坂元棚田に続く国道222号も、あじさいが植栽され

今なら、ダム湖展望台から道の駅酒谷までの間が

満開です。見に来てください。

このあじさいは、JAはまゆう酒谷支所近くの写真です。
d0009116_10275961.jpg


このあじさいは、ちょっと控えめな咲き方の品種です。これも趣きありますよ。
d0009116_10285675.jpg
d0009116_10283729.jpg

[PR]
by tnd8585 | 2012-06-24 10:32 | 棚田の今 | Trackback | Comments(0)

田植え1週間後!

平成24年6月23日(土)正午 
天気もちろん梅雨空ですemoticon-0156-rain.gif

昨日は、台風一過で晴れてたのに・・・。

田植え1週間もしないうちに試練が2つも。
がんばれ棚田の稲たちよ・・・。
台風4号と5号から変わった温帯低気圧の影響は・・・
オーナーさんが植えた田んぼは、どうなっているか・・・
心配です。とっても・・・。
もしかしたら、全国の坂元棚田ファンのみなさんも
気になるかと思い、レポーター、カメラマンを全て
1人でこなし、取材を敢行。

1枚だけ、公開します。
あとは、みなさん、棚田に見に来てください。
まだ、オーナー看板とかありませんので
どこかは、すぐに判らないと思いますが、
田んぼを見ていけば、個性豊かな、
ふぞろいの田んぼをきっと見つけられるはず。

そして、一言、つぶやいてください。
「ワイルドだぜぇ」



それでは、1枚だけ公開します!!!
d0009116_17251321.jpg


良かった!無事に育っているワイルドな稲たちです。
[PR]
by tnd8585 | 2012-06-23 17:31 | 私たちの取り組み | Trackback | Comments(0)