<< カンナ 水路・・・・ >>

あたりまえですが・・・

(その5)
この写真は、6月23日現在の日南市内の
ごく普通に見られる平野部の田んぼの姿。
見えづらいですが、穂が出ています。花が咲いたかは不明。
d0009116_10264258.jpg


この写真は、6月23日現在の
田植え後、1週間の坂元棚田の稲の状態。
d0009116_10285384.jpg



6月17日にオーナーの田植えを行った。
当然、坂元棚田は、普通作水稲であるため、
6月中旬に田植えをする。

しかし、ここ日南市(宮崎の沿岸地域)では、
圧倒的に早期水稲地帯である。
3月に田植えを行い、今は、出穂期の終わりかけで
7月の中下旬には稲刈りが始まる。

だから、この時期は、日本の稲の品種改良の
技術を感じることができる。

太古の昔から、日本人が稲と生きてきたから
できる技なのか・・・。

この時期の違いを見れることだけでも
徳だと思う。
[PR]
by tnd8585 | 2012-06-30 10:29 | 棚田の今
<< カンナ 水路・・・・ >>